交通事故で下半身が切断された男性…
残された5分で彼が望んだことに賛否両論…


交通事故で下半身が切断された男性

ある日の午前3時頃、高速道路で交通事故が起きました。

通報後、現場へと急行した救急隊員が見たものは、
車に挟まれた男性の無残な姿でした。

男性は下半身切断の重症。

誰が見てももう助からないと一目瞭然の状態でした。

しかし、車に挟まれることによって切断面が圧迫され
出血が少なかったため、男性にはまだ意識がありました。

男性は救急隊に質問しました。

「あとどれぐらいもちますか?」

自分の最期を悟ったのでしょう。
救急隊員は

「5分ぐらいです」

と答え、何か望みがあるかを尋ねました。

男性は

「家族と話したい」

と言いました。

幸い、男性の携帯電話は通話可能な状態だったので
救急隊員は男性の家に電話をかけました。

しかし、何度コールを鳴らしても家族は電話に出ません。
時間は深夜3時。
既に就寝しているのが当たり前の時間帯です。

「もういいです。ありがとう!」

男性はそう言い残し、息を引き取りました。

残された5分で彼が望んだことに賛否両論

男性が亡くなって数分後
男性の携帯電話に着信がありました。

亡くなった男性の家からです。

救急隊員は電話に出ると、
男性が事故で亡くなったことを伝えました。

ここで救急隊は一つ嘘をつきました。

家族に

「男性は即死だった」

と説明したのです。

救急隊員は男性の最期の望みで
家に連絡したことを家族には話しませんでした。

家族がそのことを知ってしまうと
この先もずっと負い目に感じて
後悔してしまうだろうと考えたからです。

しかし、救急隊員の取った行動は意外にも賛否両論でした。

やはり最後は正確に伝えるべきではないかという
意見が少なくなかったようです。

救急隊はあの時の自分の判断が正しかったのか、
今でも考えてしまう、と。

何を持って正しい判断とするのか難しいですよね。

この救急隊員は事故にあって亡くなった男性を想い、
その男性の家族への配慮までできる素晴らしい方だと感じたのですが、
本人からしてみれば、もっと何かできたのではないか、
など考えてしまうのでしょうね。

後悔しない判断をしていくのは難しいのかもしれませんが、
いろんなシーンでベストな選択をできるようになりたいですね。

ネットでの反応

・この救急隊員の判断は正しかったと思う
聞けば家族は絶対後悔する

・優しい嘘だな

・家族には男性の最後を知る権利がある
それを個人の判断で知らせないのはどうなんだろう

・死ぬ間際に救急隊員に「ありがとう」と言って
死んだ男性が素晴らしい

・きっと人格者だったんだろうな

あなたにオススメの記事

⇒ 交通事故で二つに切断された息子…母が元に戻そうとする姿が辛すぎる…