亡くなった赤ちゃんの写真をSNSに投稿した母親…衝撃の内容に批判殺到…

亡くなった赤ちゃんの写真をSNSに投稿した母親…
衝撃の内容に批判殺到…


亡くなった赤ちゃんの写真をSNSに投稿

ある母親がFacebookに生前の写真、遺体の写真、葬式の写真を投稿しました。

確かに亡くなった悲しみは分かりますが、
遺体の写真を公共の場に晒すというのは倫理的に問題ありですね。

こちらが問題の投稿です。

生前と仏壇の写真だけにしておけば良かったのに、
亡くなった赤ちゃんの写真まで…

それ以前に遺体の写真を撮ること自体おかしいと気付かなかったんでしょうか?

この子は乳幼児突然死症候群だったと言われています。
6,000~7,000人に1人の割合でそれまで元気だった赤ちゃんが、
事故や窒息ではなく
眠っている間に突然死亡してしまう病気だそうです。

ネットでは

「生前の写真や遺影なら問題ないのに、なぜ遺体なのか?」
「一体どういうつもりで投稿しているのか」
「同情できない」

など厳しい批判が飛び交っています。

SNSが普及しすぎた今、倫理的なあり方が問われる問題です。
しかし、SNSに投稿する事例は他にもあるようです。

友人たちで葬式に行った写真をSNSに投稿

タイムラインに流れてきたのが亡くなった友達の葬式での写真。

ご遺体のそばで参列者がピースをして写っていて目を疑いますね。
亡くなった人をそのような形で扱うなんて怒りがこみ上げてきます。

亡くなった赤ちゃんと一緒に映る母親

どう見てもメイクして撮ってもらってますね・・・
これも一種のSNS依存症なのでしょうか。

ネットでの反応

・赤ちゃんは可哀想だけど、この母親は可哀想じゃない

・娘が死んだのは仕方ないさ。それをSNSにあげて、人の興味引こうとしているのが純粋に気持ち悪い

・写真アップはないわ

・こういうのをSNSに上げる奴って相当依存してるんやろなぁって思うわ

訃報自体を報告すること自体はあたりまえのことになりますが
もう少しやり方を考えてもらいたいですね。

やはり死を扱うテーマだけあって内容は慎重に考えないといけないと思います。

関連記事

⇒ 病気の赤ちゃんがメルカリに出される…出品理由に批判殺到…