医師から別れを告げるように言われた父と母。
二人の胸で静かに…その時、奇跡が起こった



この奇跡が起こったのは2010年3月のこと。

オーストラリアに住む
父デビットさん、母ケイトさん夫婦。

彼ら念願の子を授かりました。
それも双子です。

その後、順調に成長していたのですが
6ヶ月妊娠26週目を向かえた時に急変
早産の危機に見舞われます。

羊膜に包まれたまま
生まれて来た双子の赤ちゃん。

後から生まれた娘のエミリーは
すぐに鳴き声をあげました。

しかし、前に生まれた息子ジェイミーは
声をあげることはありませんでした。

医師が懸命に蘇生処置を行いましたが
20分後、死亡が確認されました…

医師は別れを告げるように
デビットさんとケイトさんに伝えました。

デビットさんはシャツを脱ぎ
ケイトさんと肌で温め涙ながらに
息子のジェイミーに言いました。

彼の名前のこと
一緒に生まれた妹のこと
パパとママがふたりを待っていたこと
この世の楽しいさを…

その時、ジェイミーが大きく息をして目を開き
デビットさんの指を握り締めたのです。

それはまさしく二人の想いが届いた
奇跡の瞬間でした。

なぜ奇跡が起きたのか

専門家によると母親と赤ちゃんが皮膚を合わせることは
出産時のストレスを和らげ
赤ちゃんの心拍と呼吸を
より良好な状態にする効果があるとのこと。

もしあの時
医師がジェイミーを連れ出していたら
このような奇跡は起きなかったでしょう。

左が息子のジェイミー、右が娘のエミリー。

言葉がわかるようになった
エミリーにはじめて

「ジェイミーが死んでいたかもしれなかった」

ことを告げた時、彼女は涙を流しジェイミーを
強く抱きしめたそうです。

現在は弟のチャーリーにも恵まれ親子5人で
楽しく元気よく過ごしているそうです。

あなたにオススメの記事

⇒ 【女性なら納得】次女誕生の瞬間、妻から異臭が…長女「ママくさーいwww」妻「だから来ないでっていったのに・・・」