茶色い斑点があるバナナを
毎日2本ひと月食べると身体に変化が起こる!


茶色い斑点バナナを食べると変化する

バナナは、幅広く愛されている果物です。
腹持ちが良いし、栄養価の高い食べ物として知られています。

バナナを放置しておくと、真っ黒になってしまう事がよくあります。
バナナを一房単位で購入すると食べ切れず、変色してしまいがちです。

『バナナは茶色い斑点があるぐらい熟した方が栄養価が高い』
と言うことをご存じでしょうか?
見た目は悪くても、食べると身体にいいんですね。グルメならご存じでしょう。

バナナが茶色く、黒くなると、バナナ自体が傷んで、
腐敗するとと思うかも知れませんが、そうではありません。
因みに、茶色い斑点は「シュガースポット」と呼ばれるています。

茶色くなくなったバナナを食べる方が、
健康になることができるというワケです。

実際に茶色くなったバナナを食べ続けると、
身体にどのような変化が起こるのでしょうか。ご紹介していきます。

バナナを食べることで得られる6つの変化

バナナを食べることで得られる6つの変化を書き出してみます。
健康にいいことばかりです。

1.胸焼け解消にいい

茶色い斑点が出た熟したバナナには、
リン脂質が多く含有され、胃酸を抑える働きをします。
胃炎や胃潰瘍の予防に、効果があります。

2.抗がん剤効果を持つ

潰瘍細胞を、壊死させる腫瘍壊死因子(TNF)が含有されています。
がんに対抗する体作りが可能です。
白血球にも作用し、強い免疫力を持つことになります。

3.便秘解消

バナナには、食物繊維、オリゴ糖、便通をよくするマグネシウムが、
含まれています。便秘解消に役立ちます。

4.ストレス解消

バナナに多く含まれている、ビタミンBがストレスを抑えます。
また、血糖値を正常値に保つ効果があります。
加えて、疲労回復をさせる効果まであるんです。

5.体温調整

バナナは暑い気候でよく育ちます。

体温を下げる効果があります。
体温上昇、発熱時にも体温を下げます。

6.心臓発作や脳卒中のリスク減

カリウムは心臓や脳細胞の働きに重要な成分。

バナナにはカリウムが多く含まれ、
心臓発作や脳卒中のリスクを軽減させます。

バナナを数日放置し、
シュガースポーット(茶色い斑点)を増やしてください。

茶色くなったバナナを、1日2本、毎日欠かさずに1ヶ月間食べると、
あなたも健康体になれます。是非、実行してください。

熟したバナナを毎日食べると、
とても身体に良いことが分かりました。
バナナで健康になりましょう!

あなたにオススメの記事

⇒ 4歳の娘に砂糖を一切与えなかった結果…とんでもない変化が…