14歳未満女性の出産理由の内訳…鬼畜すぎると話題に…

14歳未満女性の出産理由の内訳…
鬼畜すぎると話題に…


女子小中学生たちの妊娠理由が凄い

世界の途上国では9人に1人が15歳未満で結婚しています。
15歳頃に妊娠して出産している事例も数多いと言うことです。

そんな発展途上国の実情もありますが、
日本国内においても14歳未満の出産児童生徒内訳がありました。

子供から聞かれる性の質問は親としてはぐらかせたい内容ですが、
もはや低学年のうちから積極的に性教育をする必要があるのかも知れません。

まさか妊娠してるとは思わず、
気付いた時には中絶手術を行えない状況も非常に多いそうです。

問題の14歳未満女性の出産理由の内訳

この写真を見てお分かりのように14歳未満で妊娠のみならず
出産している事例が少なくありません。

兄妹や同級生との興味本位での性行為は増えているそうですので、
これからはもっと性教育を積極的に行うべきですね。
また、教師と不純な関係を持ってしまうこともあります。

近親相姦が多いとマスコミが報道していることも多いですが
実は教員の淫行がTOPを占めているようですね。

さらに、不明というのは施設関係者がレイプされて出産したと言われています。

性行為の低年齢化が指摘されています。
避妊の知識が伴わないため、妊娠してしまうことも考えられます。

兄や弟との性行為の結果、
妊娠・出産してしまうとは衝撃です。

ネットでの反応

・妊娠して堕胎しないのかね?

・てか兄弟の子供産んでんのかよ
やべぇよ…

・まだまともに産める体じゃないのに、
何で生理始まっているんでしょうねえ・・・

・兄弟との関係があるなら父親もあるんだよな

家庭内暴力もありますし、性的虐待もあるでしょう。
幼い女性の人権が蹂躙されないよう社会で監視していく必要があります。

関連記事

⇒ 最近の女子高生の遅刻理由…ヤバすぎて日本の将来が心配…