盲目の女性が白杖で音を出す理由…知らずに怒鳴る人に批判殺到

盲目の女性が白杖で音を出す理由
知らずに怒鳴る人に批判殺到!


盲目の女性が白杖で音を出し、
「うるさい!」と怒鳴られる

新聞の投書欄に寄せられた視覚障害者が使う白杖に関する投稿が
ネット上で話題になっています。

点字ブロックを白杖でたたきながら歩いていた女性
年配の男性から「うるさい」と怒鳴りつけられた様子について書かれています。

新聞の投稿によると目の不自由な方が
白杖で音を立てながら歩いているのには

知られざる理由があったのです。

白杖で音を出す理由 知って

「うるさいよ!」。

8月、埼玉県内のJR駅コンコースで年配の男性が、
白杖で点字ブロックをたたきながら歩く40代くらいの女性を怒鳴りつけた。

女性は体を震わせながら「すみません」と謝り、
杖で点字ブロックをなでるようにして歩き出した。

障害者のリハビリ施設に勤める妻によれば
「視覚に障害を持つ人は周りに自分の存在を知ってもらうため、
白杖で点字ブロックをたたいて音を出すようにしている」

とのこと。

スマホの画面に夢中の人も気づく可能性が高くなるが、
杖でたたいて歩く理由を知っている人はどれくらいいるだろう。

白杖、点字ブロックの意味や杖で音を出す理由などを説明したポスターを貼ったり、
パンフレットを配ったりしてはどうか。

CMや新聞、雑誌で紹介してもらえば、周知の輪はなお広がる。
費用がかかるので、政府・行政にも力添えを願いたい。

一日も早く、白杖を持つ人が気兼ねなく外出できる国になるよう切望する。

引用:朝日新聞
この投稿内容はツイッターでも話題となり、

「健常者の方の理解が広がることを願っています」

「怒鳴った方も知ってたら大声出さなくても済んだかもしれない」

といった声が寄せられ、リツイートは1万8千を超えています。

白杖で点字ブロックを叩きながら歩くという行為の意味を知らないからこそ、
怒鳴ってしまったのだと思います。

無知というのは非常に恐ろしいもので
勘違いからこのようなトラブルが発生します。

これは日本国民全員がしっかりと知っておく必要がある問題であります。

視覚障害者の方が白杖持つ理由

日本盲人会連合のホームページによりますと、
白杖を携帯する目的は以下の3点があげられるそうです。

・安全性の確保
・情報の入手
・視覚障害者としてのシンボル

視覚障害者の方は白杖で音を出すことによって
自分の存在を知ってもらうことや、
反響の違いなどで情報を収集をしています。

白杖を使うことで自分の存在をアピールして、
自分と周りの人たちの双方に危険が及ばないようにしているようです。

ただでさえ視覚という情報がない真っ暗な世界を生きているのに
いきなり怒鳴られたら相当な恐怖を感じますよね。

一人でも多くの方が白杖を持つ理由を理解し、
皆が暮らしやすい社会になってほしいですね。

ネットでの反応

・呆れてしまう話だけど、そういう想像力に欠けた大人もゴマンといるんでしょうね。
無理解以前に、障害者の存在に無関心なのかもしれません…

・まず、目の見えない状態でいきなり怒鳴られるのがどんなに恐怖か・・・。

・皆、自分の事は棚に上げて他人の事は五月蝿いとか邪魔にする。
手を貸してやるそんな優しい気持ちは、これっぽっちない。

関連記事

⇒ 介護には「性的介助」が存在する?とんでもない内容が判明