世の中には様々な夫婦がいますが
兄と妹が結婚した夫婦もいます。
しかも、既に子供もいるとか!!

今回はそんな兄と妹が結婚した夫婦を紹介します。


兄と妹が結婚という嘘のような本当の話

『明石家さんまの新春!めっかっちゃった大賞』が放送された時に
兄と妹が結婚をしたという夫婦が出演しました。

夫婦は北海道で暮らしており、
兄であり夫である男性は36歳で
妹であり妻である女性は26歳だそうです。

2人は10歳離れている兄と妹、いや夫婦だといいます。

兄と妹なのになぜ結婚できたのか?

素朴な疑問として兄と妹なのに
なぜ結婚できたのか?と思います。

それは女性の父親と男性の母親が再婚をしたからです。
つまり、この兄と妹は血の繋がりが一切ないという事です。

出会ってから11年間は
兄と妹として家族と一緒に暮らしていたといいます。

しかし・・・

「お兄ちゃんからチューしていいか?と言われ、
初キスをしました。その時にずっと想っていたと告白されて」

それで2人の関係が急激に近づいたと言います。

そして、

「初めては車の中で…
兄妹から大人の関係となった時には盛り上がりが凄かった」

一線を越えていきました。

二人の両親は二人の関係について

「籍を入れて一緒にいる気なら良いんじゃない?とすんなり納得してくれました」

と納得しているそうです。

旦那さんの呼び名は今も昔も「お兄ちゃん」。
番組ではこの結婚エピソードを少女マンガのようと形容しています。

二人の両親も惹かれ合って結婚したので
子供たちも惹かれ合うというのは理にかなっているのかもしれませんね。

ネットでの反応

・これヤバくないか(笑)

・本当にいるのか…

・義理の関係なら有り得るのは分からなくはない。けど、親の反応は何なんだ

あなたにオススメの記事

⇒ 16歳で出産した可愛い女子高生の現在…驚愕の生活をしていた…