飼育放棄された孤独なリンクスを救ったアイデア…
改めて動物の無償の愛を感じさせる…




北米やヨーロッパ、アジア北部に生息している
オオヤマネコ属をご存知でしょうか?

欧米では「リンクス」と呼ばれており、
「サーバルキャット」「ボブキャット」もオオヤマネコ属の仲間です。

これらのオオヤマネコ属は特定動物愛護管理法で
危険な動物として指定されていますが、
厳しい条件を満たした環境が整えばペットとしても飼育できます。

飼育放棄された孤独なリンクス

そんなオオヤマネコ属リンクスの赤ちゃんが
ロシアの動物園で誕生しました。

「ニカ」と名付けられた赤ちゃんは
不幸なことに母猫から育児放棄されたのです。

そこで動物園のスタッフの1人が
普通では考えられないようなアイデアを思いつきました。

それは、ニカを飼い猫一家の輪に入れるというもの。
果たして、子猫とはいえ大きなリンクスの子と
小さな家猫は上手く暮らしていけるのでしょうか?

大きな赤ちゃん

自分と同じような大きさのニカ見た母猫は
初めはとても緊張した様子でした。

しかし、大きくても母親を求める子猫の気持ちが伝わったようです。

数分すると母猫は我が子のようにニカの毛繕いを始めました。
ニカの足は母猫よりもすでに大きいですが、
無償の愛をニカに注いでいます。

母猫がニカに優しく接するので
本当の子どもたちも兄弟として受け入れてくれました。

単独で子育てをする母猫ですが、
時には姉妹で協力してお互いの子猫を見守ることもあるそうです。

改めて動物の無償の愛を感じさせる

小さな母猫とさらに小さな兄弟に囲まれて
産みの母猫に見捨てられたニカに変化が見られました。

不安そうな顔をしていたニカに自信がついてきたのです。

愛されているという実感がニカを本来あるべき子猫の姿に戻しました。
無邪気にオモチャで遊ぶ面を見せるようになったのです。

いずれは育ての母猫を見降ろしてしまう日が来るでしょう。

しかし、この愛情深く育てられた日々を忘れることはないと思います。
小さな猫達の大きな愛に包まれたニカは
きっと優しいリンクスに成長するのでしょうね。

あなたにオススメの記事

⇒ 青いペンキをかけられ虐待死した子犬…無残な虐待事件がSNSの投稿画像で発覚…