トイレの綿棒、「何に使うのだろう?」
と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は居酒屋の女子トイレに綿棒が置いてある理由を紹介します。


居酒屋の女子トイレに綿棒が置いてある理由

綿棒は、主な使用用途である耳掃除以外にも
使い道がたくさんある万能アイテムです。

居酒屋などのトイレの綿棒はメイク直し用というのが
主な使用用途のようです。

もちろん、普通に耳かきをしてもよいです。

トイレと綿棒という組み合わせの珍しさから

「特別な用途、トイレならではの用途があるのか」

と疑問に思ってしまいますが、
トイレの綿棒もその他の綿棒の用途と同じです。

アイシャドウやアイラインのよれ、にじみ、
落ちたマスカラをオフするのに綿棒があると便利ですよね。

あとは……歯についた青のりをとったり。

また、綿棒のほかにつまようじを
置いているお店もありますね。

人前で青のりをとるのは恥ずかしいので、
トイレに綿棒やつまようじがあると助かります。

ただし、ひとつ注意点が!

使用した綿棒はトイレに流してはいけません。
トイレが詰まる原因になります。

「流してもよい」と書いてあるトイレ以外では、
使用した綿棒はゴミ箱に捨ててください。

仮に誤って捨ててしまった場合は、
絶対に水は流さず速やかに店員さんにお伝えしましょう。

綿棒で耳かきは危険?

綿棒で耳かきをするとき、奥まで綿棒を入れすぎると
耳の内部を傷つけることがあります。

耳垢ができる耳垢腺は耳の入り口から1cmのところにあります。

つまり1cm以上奥に耳かきを入れる必要はないのです。
なので、耳かきで深追いは禁物。
綿棒の芯部分まで耳の中に入るのは奥まで入れ過ぎです。

先端の柔らかい部分だけを耳に入れてください。
また、強くこするのもNGです!

綿棒には耳かき用に先端がかぎ形になっているものもありますが、
あれで耳の中を強くこすると耳を傷つけてしまうので注意してください。

また、耳かきは毎日行う必要はありません。
週に1回~月に1回で十分です。

耳かきはつい癖になってしまいますが、
やりすぎには注意しましょう。

ネットでの反応

・めん棒人気が結構ありますね。『かゆい所に手が届く・・・』みたいな感じでしょうか?
確かに目の周りが黒くなるとティッシュじゃとりにくいですよね。

・私は綿棒があると嬉しいです。
仕事帰りに行くお店なら尚更です。
化粧が崩れている上マスカラで立派なクマができるので
さっと直せるのでうれしいです。

・やっぱりトイレには生理用品が置いてあるととてもうれしいですね!

あなたにオススメの記事

⇒ ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性…勘違いしている人が続出…