【カラスの恩返し】
4年間、カラスに餌をあげつづけた少女に訪れた
おとぎ話のような実話。



恩返しと聞けば思い浮かぶのは「鶴の恩返し」。

話の解釈は人それぞれ違えども、
基本のコンセプトは良いことをしたら良いことが帰ってくるという
因果応報ではないでしょうか。

そんな鶴の恩返しならぬ、
「カラスの恩返し」とも言えるストーリーを紹介します。

カラスの恩返し

ある少女が4年間カラスにエサを与え続けていると、

イヤリングやビーズといった
気の利いた貢物を持ってくるようになったというのです。

カラスが大好きでエサを与え続けていたのは
シアトルに住むギャビー・マンちゃん。

自宅の庭で6歳の頃から毎日カラスにエサをあげるようになりました。

すると、なんとカラスが
ちょっとした貢物を運んでくるようになったのです。

驚いたことにカラスは
イヤリングやビーズ、キラキラ光るきれいな石といった、
いかにも女の子が好きそうな物を選んで持ってくるのです。

カラスのくせに、なかなかセンスが良いと言わざるを得ない。

女の子が好むものがなぜわかるのでしょうか。

普通なら残飯などのカラスが好むものを持ってきそうなものなのに・・・。

そして、今までもらった60以上のプレゼントのなかで、
ギャビーちゃんはハート型のパールのペンダント・トップが
一番のお気に入りなのだとか。

そんなカラスの恩返しについて、
野鳥研究家のジョン・マーズラフ氏が見解を述べています。

「今までに、いくつか類似した話を耳にした事があります。

少女が受け取った貢物はただの偶然ではなく、
カラスと彼女はお互いのシグナルを理解して、
相互間にコミュニケーションが取れているのです」

と語り、
どうやら「カラスの恩返し」は実際に存在するようです。

全身が真っ黒なだけに昔からカラスは悪魔や魔女の使いや化身、
または悪や不吉な物の象徴として描かれること多くありました。

しかし、少女とカラスの交流を聞くとおとぎ話のようで
カラスのイメージが一新されるかもしれませんね。

引用:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2977278/The-girl-gets-gifts-CROWS-Eight-year-old-leaves-food-birds-bring-beads-pendants-return.html

あなたにオススメの記事

⇒ 【衝撃】浜辺に打ち上げられたシャチ!その腹の中からでてきたモノがヤバいwww地球の限界か。。。