大家族スペシャルで起きた放送禁止になった闇…番組の裏で起こった惨劇がエグすぎる…

大家族スペシャルで起きた放送禁止になった闇
番組の裏で起こった惨劇がエグすぎる…



大家族という言葉の響きにはどこか心温まるものがあり、
テレビの情報番組やバラエティ番組で根強い人気がある。

色々細かいトラブルやケンカはあるにせよ
それもまた活力として楽しく、たくましく暮らしている
これが多くの人の抱く大家族のイメージではないでしょうか。

しかし、実際の取材現場は必ずしも
ほのぼのしたシーンばかりではありません。

今回はそんなテレビでは放送出来ない大家族の闇を紹介します。

テレビでは放送出来ない大家族の闇

大家族を取材する場合、1つの家族を取材するのではなく、
全国各地の大家族を複数のディレクターで分担して
取材することになっているようです。

番組放送前にプロデューサーは各地で
ディレクターが取材した映像を試写でチェックする。
その時、撮影した強烈な映像を目にすることとなりました。

ある地方の大家族の夕食風景。
そこには本来いるはずの高校生の長女の姿がなかった。

穏やかそうな父親が兄弟たちに聞くと
テレビに出たくないからと部屋に閉じこもっているという。

「みんな出るって約束したのにな」

そう言って父は娘のいる子供部屋に向かった。

ドアを開けるとふてくされた長女が机に向かって座っている。
なぜ食事に来ないのか、父が尋ねると、

「テレビに出たくないから」

突然、父は豹変し、娘に平手打ちを浴びせた
それも2発、3発と。

さらに長女を殴り始めた父をスタッフは
制止しようとするが、止まらない。

娘は必死に許しを請うが父親は容赦しない。
彼女の服が破けても暴行は続けられた

再びスタッフが止めに入ろうとすると
父は鬼のような顔でカメラを睨みつける。

「撮るな」

怒鳴りつけるように言うとスタッフを追い出した。

ドアの向こうからは娘を殴打する音と

「お父さんやめて」

と懇願する声が響いている。
やがて、その声も悲鳴に変わり……
試写の場面はここで変わる。

畳の一画には血のしずくがポタポタとこぼれ落ちている
鼻血をすすり上げながら味噌汁をすする長女の姿。
何事もなかったかのように夕食を囲んでいる大家族。

父親は穏やかな表情で、

「やっぱり家族は、みんな一緒が一番いいな」

どうやら異変はこの夜だけであったようだが、
当然、問題の場面は放送されなかった。

こうしたドキュメンタリー映像の持つ迫力からインスパイアされて、
ドラマとドキュメンタリーを融合した「フェイクドキュメンタリー」の着想を得ているのである。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00523622-shincho-ent

ネットでの反応

・証拠もあるし通報すべきだろ

・11人⇒10人家族にすれば良かっただろ
テレビ局が悪いわ

・大家族の親父って大抵がクズだもんな

・青木家って、きちんと調べたら、テレビ局は放送できないかったでしょ。
美談にして、全国から善意の品物送らせて、共謀罪じゃん。

関連記事

⇒ 幼い娘に性的虐待を200回以上した父親…事件発覚の理由がヤバすぎる…