白血病で亡くなった娘からのLINEメッセージ。
既読にした瞬間、胸が張り裂けそうに…



2015年5月15日。
私の娘は白血病で若干17歳という若さで天国へ旅立ちました。
 
彼女が生まれてすぐに元夫から延々と受けていた
家庭内暴力(DV)に耐えきれず、離婚をしていた私は
娘と様々な苦節苦難を共にし、笑い支え合い生きてきました。

私一人では決して乗り越える事のできない困難も
娘がいつも励ましてくれたからこそやってくる事ができました。

いつも前向きで、いつも元気で
病気が判明したときだって一切弱音を吐かない娘でした。

常に前向きでポジティブな娘のおかげで
何度も勇気付けられてきました。

しかし、亡くなる数日前に容体が急変。
還らぬ人となったのです。
  
亡くなってすぐの1週間は娘の死を受け入れる事が出来ず、
自暴自棄になっていました。

何も手に付かず、悲しみに暮れ朝から夜まで
意識がぼーっとしていたと思います。

しかし、丁度娘が亡くなって1週間ほど経った頃、
あるモノを見つけたのです。

それは、LINE。

亡くなる前に、娘が私に宛てて送ったLINEでした。

娘にLINEでやり取りをしようと言われ、
登録までしてもらったものの、
いかんせんスマ−トフォンの使い方もまだ把握出来ていなかった私は
このLINEの存在に気付きもしなかったのです…
 
少しだけ心に余裕が出来、
娘がスマ−トフォンでたくさん写真を撮ってくれていた事を思い出し、
分からないなりに操作をしていた時です。

画面上のLINEアプリの所に
赤く「2」と表示されているのに気付き、見てみました。

するとその送り主は、娘。
LINEが送られた日時は娘が亡くなる2週間も前でした。


そしてその内容はいつも強くポジティブで
前向きな娘の本当の声と姿が書き出されていました…

そこには、とても短く綴られた「ごめんなさい」の言葉。

私は娘にこんな事を思わせてしまっていた事、
そしてこの言葉に対して早く気付き「そんな事ない!」と
言ってあげる事が出来なかった事を、深く悔やみ涙しました。

しかし、もう一つ下にメッセージが…

こう綴られた、やはり前向きな娘の言葉。

最後は、あの子らしくしっかりと私の背中を押してくれていました。

ずっとずっと下を向いていた私に
手を差し伸べポジティブにさせてくれたのは娘でした。

もう過ぎてしまった事を悔やんでも仕方がない…
ならば、しっかりと前を向いて娘に笑われない様に
娘の分までしっかり生きようと決意出来ました。

既読にするとか、既読にしないとか、
最近ではニュースでもよく騒がれています。

しかし、こういったメッセージアプリが普及する中で
「今しか出来ない人」「今しか繋がる事の出来ない人」
がいる事を忘れてはいけません。

今目の前にある景色や今目の前にいる人を当たり前と思うこと自体が
取り返しの付かない後悔や悲しみを生む可能性もあるのです。

今一度、あなたの当たり前を見直してみる事も大事なのかもしれません。

あなたにオススメの記事

⇒ 【報復】娘が熱を出して車で病院に急行中⇒警察「そこの車止まりなさい!」俺「娘が熱を出しているんです!早く病院に連れて行かせてください!」⇒警察「本当にお宅の娘さん?車内を検査します。」ムカついた俺は警察に罠を仕掛けてやった。