家族を自宅で看取った時に救急車を呼ぶな!遺族はさらに辛い目に…

家族を自宅で看取った時救急車を呼ぶな
遺族はさらに辛い目に…



命あるものは悲しいことですがいつか亡くなります。

特に高齢の家族と一緒に暮らしている方の中には、
できる限り最期は自宅で看取りたいという方もいらっしゃると思います。

しかし、自宅で看取った場合に
遺された家族がさらに辛い思いをすることもあるのです…。

もし、自宅で家族が亡くなった場合、救急車を呼ぶと思います。
発見時に息がなくても蘇生する可能性があるからです。

ですがもし、療養中などであれば、
往診をしてくれるかかりつけの医師を生前に見つけておくべきです。

在宅で死亡した場合、
主治医が死亡診断書を書いてくれれば何も問題はありませんが、
今の主治医は死亡診断書を書いてくれそうもないので、
生きている間に死亡診断書を書いてくれる主治医を探しておきましょう。

死亡診断書を医師に出してもらえなければ
葬儀屋さんは何の準備も始めることはできないからです。

大切な家族が亡くなって辛い状況ですが、
遺体の保全処置は必要なことなのです…。

では、かかりつけの医師がいない場合や
突然死だった場合のケースはどうなるのでしょうか?

原則的に救急車は死者を搬送してはいけないことになっています。
しかし、結構死んでいるような人を搬送していますよね。

それは救急隊には死亡判断ができないからです。
死亡判断は医師しかできないので、
蘇生術をして医師が死亡と判断するまで死者ではないためです。

ただ、交通事故など誰が見ても死亡とみなされる時は例外です。

例えば脳が露出している事故や首や胴体が切断されている事故や
その他、救急隊や一般人が見ても
蘇生の可能性が無く死亡していると判断される場合や
死後時間経過があって硬直していたり死斑がでていたら死者として搬送しません。

あとは警察の仕事です。

救急車を呼んで救急車が到着して亡くなっていたら
救急車はそのままにして帰りますが
すぐ警察に連絡しますので代わりにおまわりさんが来ます。

おまわりさんが来たら、
家族全員事情聴取をされます。

要するに、誰かが殺したのではないか?
と云う疑問を晴らすために家族全員から事情聴取をするのです。

この警察の介入が遺族にとっては辛いものになるのです。

警察が来た場合

警察がきて調査が行われるので
仏様にはかわいそうですが現状をそのままにしていなくてはなりません。

警察の調査が終わるまで勝手に布団に寝かしたりしてはいけないのです。

事情聴取や現場検証で問題がなければ布団に安置できますが、
そうでない場合は、検視官(検視技能を持った警察官)による検視が行われ、
死因がわからないときには検案(医師による遺体の診察)があり、
それでも究明できないと行政解剖がおこなわれます。

警察による現場検証、警察が手配した医師による検死が行われます。

そして、一番遺族にとって辛いのが事情聴取。
自宅というプライベートな空間で死者が出ているため、
遺族による殺人ではないかを調べられることになります。

では、実際に事情聴取を経験した方の声を紹介しましょう。

事情聴取の様子

警察ご一行が到着

1名が祖母に祖父のことを根掘り葉掘り尋ねる。

発見時の様子、生前の通院歴、鬱病の症状はなかったか、過去の学歴・職歴、資産、通帳の保管場所など→おそらく自殺の可能性がないことを確認するため

その他の警察官が敷地内、屋内、祖父の遺体を隅から隅まで徹底調査
→おそらく強盗の可能性がないことを確認するため

通帳の保管場所まで聞かれるって…
何もないからこそ余計に不快ですよね。

もともと、心臓も悪く97歳。どうなるか分からないけど家で過ごしてきました。

入院もした事はありましたが、年齢的に治療も出来なかったのです。
看取り介護になりました。それで救急車を呼んでしまいました。

私は病院に付き添いましたが、
警察が迎えに来て子供は一時的に児童相談所の職員に連れて行かれました。

警察からの質問は

「誰が遺産相続人になるのか?」
「どのくらい遺産があるのか?」
「昨夜お母様と喧嘩した人はいなかったか?」

家族関係・仲の良さ悪さ等、あらゆることを聞かれるそうです。

家族全員の数時間に及ぶ事情聴取のあとで
やっと解放されることになるのです。

地区の家すべてに刑事が聞き取りに行ったそうです。

実際には事件ではなくとも事情聴取をされれば
少なからず嫌な思いをすることは避けられないようです。

確かに身内による殺人も増加していますが、
前述した事情聴取の内容を自分が聞かれたとしたら、
やはり良い気持ちはしません。

いつか来てしまう家族の死に備え、どういう形で介護をするのが良いのか、
また最期をどこで迎えたいのかについて、
家族みんなで話し合うことも必要かもしれません。

そして、事情聴取は必要なものかもしれませんが、
事件性がない場合については改善して欲しいですね。

ネットでの反応

・初めて知りました。それは辛いですよね。
私も父が癌なので他人事とは思えないです。

・確かに嫌だね。
でも警察も嫌な仕事だと思っているよ、きっと。

・でも、自宅で動かなくなってたら救急車呼ぶと思うなぁ…

・実際そのような事件も起きてますし、そうなりますよね。
私のばあちゃんの時もそうだったんだけど、
たまたま来たお巡りさんは知り合いで・・・泣きながら聴取された。

関連記事

⇒ 介護には「性的介助」が存在する?とんでもない内容が判明