死期が近い人が急にやりだす不思議な行動や兆候…
死期が近い人には特徴があると話題に…



あなたは身近な人が亡くなる直前に
普段とは違う不思議な行動を見たことや感じたことはありませんか?

生き物は皆、いつかは死を迎えます、
最後を迎える前に不思議な行動を取る人が多いと聞きます。

今回は死期が近い人が急にやりだす不思議な行動や兆候を紹介します。

死期が近い人が急にやりだす不思議な行動や兆候

動物には死期が近くなると本能的に行う行動があると言います。

猫などはふっと姿を消してしまったり、
ハムスターなどの小動物なら自分が弱っていることを悟られないように
出来る限り元気に振る舞ったりします。

また、像は死の直前に象の墓場と呼ばれる場所に歩き出し、そこで最後を迎えます。

人にもそのような死期が近い人独特の特徴があるようで
それらは身近な人が後から思い出して
「そう言えば」といった形で語られることが多いと言います。

では死期が近い人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

1.急に家族や友人に会いたくなる

急に実家に帰りたいと言い出したり、
長く会っていなかった友人や親戚に会いたいと言い出したりすると言います。

本能的に自分の最後を悟り、意志とは別のところで行動にでてしまうのでしょうか、
幼少期に育った土地や家に行きたくなるというケースもあると言われます。

それは周りの人たちにいつまでも自分のことを覚えておいてほしいとの願望なのかもしれません。

2.部屋の片付け

普段片付けなどあまりしない人が死期が近くなるとまるで事前にそのことを知っていた蚊のように
普段の掃除レベルではない部屋の整理整頓を始めるというものです。

不自然なほどに綺麗にそして思い立ったかのように急に掃除を始めると言います。

普段取らない行動の一つとして代表的な例としてあげられます。

3.不思議な手鏡

死期が近い人がわかってしまう特徴的な不思議な行動の中に
まるで手に持つ鏡を見るかのように眺める行動です。

手の甲を眺める姿が周りの者にとっても特徴的なので
死期が近い人がわかってしまう不思議な行動として
とても有名なことの1つとされています。

右手の甲をじっと見つめる人が多いと言われています。

4.普段なら絶対やらないことをする行動

旅行嫌いの友人が泊まりの旅行に誘ってきた。
借りたものを返さないだらしのない人が貸していた物やお金をきっちり返してきた。
「今返さないとまずい気がして・・・」と話していた。

動物嫌いの人が動物を急に可愛がり出す。
病院で見られた亡くなる前の行動として認知症で朦朧としていた人が急に明瞭になって話せるようになった。

起き上がれなかった患者がいきなり歩き出せるまで元気になった。
食事を取れなかった人が好きな食べ物を食べたがった。

亡くなられた後で周りの人が亡くなる直前の行動を振り返った時に
(そういえば・・・)と思い当たることがよくあると言います。

5.正体不明の黒い影を見る

医療施設の関係者の間で語られている話で亡くなる人は
その直前に黒い影のようなものを見ていると言われています。

見えているものは黒い塊だったり、人影だったり、
または黒い服を着た人や黒い小さな人影だと言われています。

医療現場で働いている人は患者がこのような黒い影を見たと聞くと
(そろそろお迎えが来るかも)と思うそうです。

部屋の入り口に黒い靄のようなものが見えたという話もあります。
病室に黒い影が入って行くのが見えたりします。

6.他の人に見えないお客さんがいると思い込む

先に他界した家族が迎えに来た。
知らない子供が遊びに来ている、
昔飼っていたペットが部屋にいる等と話し出すと言われています。

7.死期が近い人の顔が見えない?

少しオカルトチックですが
通常人と向かい合ったら相手の顔が見えるのが当然です。

しかし、時に相手の顔がぼんやりと記憶に残らない
または多数の中にいたはずなのにその人の存在に全く気づけなかったなど
死期が近い人の顔や姿が見えなかった、記憶に残らなかったといった特徴的な話があります。

人は死期が近づくと存在自体がぼやけてしまうということなのでしょうか。

8.死期が近い人は性格が変わる?

性格が変わるということもよく聞かれます。

例えばあまり愛想が良くなかった人が
最後に会った日には珍しくニコニコと笑顔で迎えてくれたなどという話があります。

また、病気で療養されたいた人がいつもはとても穏やかな人だったのに
亡くなる数日前は周囲の人に対してまるで嫌われるのを望んでいるような
辛辣な言葉を投げかけていた。

どうして死期が近い人は性格が変わるのか心境の変化なのか
本当のところは本人にしかわかりませんが
動物の本能として死期が近いということを悟っているからかもしれませんね。

9.影が薄くなる?


死期の近い人は存在感が薄くなり、違う人のように見えると言われています。
そして、自動ドアに反応しなくなると言われています。

顔に赤い線が出る、赤い線は大きな事故の兆候ではないかと言われています。

10.顔に影がさす

顔にはデコボコがありますが普段はボコの部分に影はささないものですが
おでこや鼻、顎の先や頬の一番出ているところなどに影がさすと言われています。

この影が思想だと言われているのですが
青っぽい黒ならまだ時間に余裕があり、真っ黒だともうすぐ死期が訪れると言われています。

ネットでの反応

・これは認知症の人の症状に似てますね!
似てると言うよりそっくりです。

・何故か今の私に当てはまる

・主人の認知症の父が亡くなる数日前に『気いつけてやれよ』と
主人にはっきりと言いました。
主人の危ない仕事を心配して、親としての言葉だと思います。
もう、息子とも理解出来ない義父でしたが。
朝早く、病院からの連絡で駆けつけましたが、
主人は『親父に最後の言葉を貰えて良かった』と
慈しんで亡くなった義父を眺めてました。

あなたにオススメの記事

⇒ 色々な意味で見ると心に刺さる闇が深い画像14選…