【許せない】
ノリで全身の毛を固められてしまった子犬。
獣医師たちの治療により回復するも…。



ノリで全身の毛を固められてしまった子犬。
その酷い状態から回復に至るまでの動画が公開されて
話題となっています。

あまりにも衝撃的な姿…

パスカルと名付けられたこの子犬は
全身がノリでガチガチに固められてしまっており、
保護施設に運ばれてきた時には
まともに息もできない状態だったといいます。

子供達にノリの中に沈められた…

いったい誰がこのようなことを!?

どうやら、子供達がふざけてノリの中に沈めたために
このような事になってしまったのだとか…

全身にはとてつもない量のノリがついていたようで
厚い層になって身動きできなかったといいます。

獣医師いわく、

「まるでセメントで固められていたようだった」

と当時の状況を語っています。

全身の血流が滞り、ゴミなどの付着物も酷かったそうです。

獣医師たちが、様々な治療を施す

そのままの状態では命を落とす危険性があったパスカル。

獣医師たちは懸命の治療を施しました。

まずはノリでガチガチに固まってしまった毛を刈り取る作業です。
体を傷つけないように慎重に刈り取っていきました。

毛を刈り取るのに数時間を要したそうです。

毛を刈り取った後は化学物質による火傷などにより傷んだ皮膚を治すため、
薬の中に漬けるなどありとあらゆる治療施して
回復を願っていたといいます。

骨折している箇所もあったようで本当に酷い状態だったとのこと…。

今ではクリニックで愛される存在となるも…

治療により体の傷も徐々に回復し、クリニックのスタッフにも愛され、
今では元気を取り戻しつつあるといいます。
感染症も見られないそうです。

しかし、心に負った傷は相当深いものがあるようです。
最初にクリニックに運ばれてきた時の様子について、
獣医師はこう語っています。

パスカルの目には裏切られた哀しみ、怯え、
痛みが浮かんでおり、まだ赤ちゃんであるにも関わらず、
年老いた犬のような憔悴した目をしていた。

下記の動画で見ると分かりますが、
パスカルの怯えるような目が事の重大性を物語っています。

今は動物病院で愛情を注がれて毎日を過ごしているようですが、
体調がより回復した段階で里親を探すことになっているそうです。


あなたにオススメの記事

⇒ 幼い娘に性的虐待を200回以上した父親…事件発覚の理由がヤバすぎる…