江戸時代のお風呂とトイレ事情…嘘のような実態が衝撃的だった…

江戸時代のお風呂とトイレ事情
嘘のような実態が衝撃的だった…



混浴が当たり前だった江戸時代の風呂屋。
現代からすると江戸のお風呂は驚きに満ちています

お風呂に入ったり洗髪する頻度はどうだったのか?など
江戸時代のお風呂事情とトイレの実態を紹介します。

江戸のお風呂事情

江戸時代には家にお風呂はありません。

江戸には水道が引かれていました。
ただ、水は非常に貴重であり、燃料の薪も高価。

そのため、風呂を持っている家は殆どありませんでした。

武士だろうが大商店の主人だろうが
貧乏長屋の家族だろうが
みんな公衆浴場=銭湯に通っていました

銭湯は江戸では湯屋と呼ばれていて
「ゆや」、「ゆうや」と読みます。
ちなみに京や大阪など上方では風呂屋と呼ばれていました。

実は江戸の人達はお風呂が大好きだったんです。
その頻度は仕事前に朝風呂、仕事終わりに夕風呂と
少なくとも2回は入ったそうで1日4〜5回入るなんてことも。

江戸時代の初期には新しい街づくりが始まり
全国から土木・建設作業員が上京しましたが
働いた後の土やほこりにまみれた身体を綺麗にするため
風呂が欠かせなかったのです。

そのため、銭湯が急発達し江戸の町中にいくつもの湯屋ができました。

「月数回しか入らないんじゃ・・・」

「不衛生なんでしょ!」

と思われる方が多いので意外ですね。

1日に何度も湯屋に行くため
江戸っ子の肌は乾燥していたそうですが、
これを垢抜けたといって粋がっていたとも言っていたそうです。

また、武士たちは銭湯に来るときにも刀を身につけているため、
入る前に刀をとらなければなりません。

刀を置く場所が必要だったため、
男湯にだけは2階に座敷が設けられてたとされています。

銭湯の入浴料金

入浴料金は大人8文(約120円)子供6文(約90円)
そば1杯の値段の半分。

さらに、お風呂好きには嬉しいことに「羽書」というフリーパスもあり、
1ヶ月148文(約2200円)で何度も入浴することが出来ました。

営業時間についてははっきりしていませんが、
朝6〜8時に開店、夜も8時頃まで営業していたとされています。

湯屋の第一号店

江戸時代後期の文化年間(1804〜1818年)には
江戸市中に600軒を数えたと記録に残るほど江戸っ子にとって
なくてはならない存在となっていた湯屋。

その歴史は神君・徳川家康が
江戸に幕府を開いたのが1603年のことですが、
銭湯である湯屋第1号店が江戸に誕生したのはそれよりも12年前。

伝承によると、
徳川家康が江戸に入り街づくりの真っ最中だった1591年、
銭瓶橋(現在の東京都千代田区の大手町にあった橋)のたもとで
伊勢与一という男が蒸し風呂スタイルの風呂屋を開いたのが始まりだそうで、
100円ほどの激安価格でさっぱり出来るということで
大繁盛したとされています。

江戸時代のお風呂は混浴だった

江戸時代の前期までは蒸し風呂しかありませんでした。

蒸気の中で身体を洗い温めていました。
当時の蒸し風呂は男女混浴が当たり前でした。

しかし、江戸時代初期の蒸し風呂の頃には
男女とも陰部を隠すため下着を履いたまま入るのが普通でしたが、
次第に何も付けずに入るようになります。

おそらく、お湯を張った湯船に浸かるのが
普通になったことこ関係があるとされています。

下着をつけたまま湯に入れば湯が汚れます。
ふんどしや湯文字をとって入るように
銭湯経営者が指導したのかもしれません。

こうして混浴の風呂に男女が裸で入浴するようになりました。

いかがわしいことも・・・

男女が裸で入浴していれば欲情する人がいても不思議ではありません。
実際、混浴の風呂では性行為に及ぶものも少なからずいたようです。

そうした風紀の乱れを危惧した幕府は1791年、
寛政の改革の中で混浴を禁止する旨のお触れを出しました。

混浴が禁止されると
銭湯経営者は1日おきに男性の日、女性の日とわけて
入浴させるようになりました。

しかし、それでは客が少なくなるため、
湯船の上に板をはり、男女別々にして営業するようになります。

一応仕切りがあるため混浴ではありませんが、
区切られているのは湯の上だけ。
浴槽内には仕切りがないため、のぞくのは簡単でした。

結局、江戸時代を通して混浴文化はずっと続いていたようです。

江戸時代のトイレ事情

当然、江戸時代にもトイレがありました。

ただ、江戸の町人たちの多くは長屋住まいなので
各戸にひとつトイレがあるというほど贅沢は許されていませんでした。

10世帯ほどが暮らす長屋に2つほどトイレがあるだけというのが普通です。
プライバシーの確保が難しいため

「トイレ付きの家に住みたい」

というのが多くの江戸っ子町人たちの夢だったそうです。

長屋には共同トイレがあるだけだった

現代では安アパートでも部屋にトイレがついてるのが当たり前です。
トイレ無しの部屋ではなかなか借り手は現れないでしょう。

江戸時代にはトイレ付きのアパートというものは存在しませんでした。
町人たちの多くは長屋住まいでひとつの長屋に1ヶ所か2ヶ所のトイレがあるだけでした。
しかも、男女共用です。

トイレにはちゃんとしたドアがなかった

今ではトイレにドアがないということはありえませんが、
江戸時代では長屋のトイレのドアは半分だけしかありませんでした。

下半分だけ隠れるようになっているため、
上からのぞけば中は丸見えです。

男性が立って用を足しているときには中に人がいるのはわかりますが、
しゃがんでいれば人がいるのかどうかはわかりません。

そのため、しゃがんだ状態で頭を上げて
中にいることを知らせる必要もありました。

女性の場合にはのぞかれる心配が常にあり
落ち着いて用をたすことが難しかったようです。

溜まった糞尿は売っていた

江戸時代には人糞は農家にとって貴重な肥料でした。

そのため、農家の人達が定期的に糞尿を買い取りに来て
処分してくれたようです。

長屋の場合、糞尿の処分費として受け取ったものは
大家のものとなります。
一般の家庭でも農家に売っていました。

代金は現金で支払われる場合もあれば
農家の作物との現物交換の場合もあったようです。

滝沢馬琴の日記に記された糞尿記録

江戸時代後期のベストセラー作家・滝沢馬琴の暮らしぶりは
かなり質素なものだったようです。

当時の小説家というものは有名になってもあまり儲からなかったのかもしれません。

普段着るものは古着屋で買い求めたものばかり。
自家菜園で作った野菜は売って金にし、売れ残ったものを自家消費していました。

糞尿についても農家と交渉して

「15歳以上の者一人につき、大根50本とナス50本」

という交換条件を結んだことを記しています。

当初は好条件と思っていた滝沢馬琴ですが、
15に満たない孫達の分がカウントされないことに気付き、憤概。
農家に交渉しても取りあってもらえなかった怒りを日記に書き留めています。

くみとりはやはり臭かった?

糞尿のくみとりは臭いものです。

江戸時代には狭いエリアのあちらこちらでくみとりが行われていたので、
かなり悪臭がたちこめていたようです。

吉原を描いた「錦の裏」という書に
朝帰りの客を茶屋まで送っていった花魁(おいらん)が屋敷に戻って

「をや、もふ、そふじがきたそふだ。いっそにほうよ」

というのが書かれています。
「そふじ」とはくみとりの事。

朝っぱらからくみとりに来て臭いということを嘆いています。

江戸時代の家屋は木造で隙間だらけです。
戸や窓を閉めても完全には密閉できません。

くみとり屋が来た時の臭いは長屋一帯にたちこめたとされています。
引用:http://www.edojidai.info/toire.html

ネットでの反応

・さすが江戸時代!

・頻繁に風呂に入ってたんだね。知らなかった。

・くみとりはキツイ・・・

あなたにオススメの記事

⇒ 江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる…今の時代では考えられない…