現代は昔に比べると便利になって食べ物に困ることもなく
裕福な時代でもあります。

江戸時代と比較すると格別にいいような気もしますが、
性事情に関しては昔の方がよかった!なんてこともあるようです。


江戸時代の性事情

江戸時代での男女関係は実にお盛んだったそうで
女性の15〜16歳という若い年齢での婚前交渉は当たり前だったようです。

そしてやはり「できちゃった結婚」がとっても多かったのだとか。

さらに、各地には伝統的なお祭りがいろいろありますが、
このお祭りが「男女の婚活の場」となっていたそうです。

移動手段も少なかった昔では、たくさんの人が集まるお祭りは
「婚活パーティー」さながらだったのだとか。

また、江戸時代の夜這い行為は
当時の男女にとってはいたって普通のことでした。

ただし、これには双方の同意が必要だったそうで
一方が拒否するのに無理やり‥ということは一切なかったそうです。

風俗産業も大人気

借金の代わりに「遊郭」に売られていく少女たちもいました。

江戸時代は慢性的な女性不足だったこともあり、
風俗産業でもある遊郭は大人気となっていたそうです。

遊女で体を売る女性のことを「遊女」と呼びますが、
その中でも最上級クラスの人がなれるのが‥

一晩の価格は数十万円とも言われ、
相手がたとえお殿様出会っても
花魁に気に入られなければ断られることもあったそうです。

しかも初対面で相手はしてもらえないので
気に入られるためには何度も通うことに‥。

また、庶民の男性たちは「局見世(つぼねみせ)」と呼ばれる
売春宿にいる遊女たちを格子越しに物色して、
気に入った遊女と楽しんでいました。

さらに、店などには属さずに個人で売春をしていた
「夜鷹(よたか)」という女性たちもいたので、安く遊べたのですが、
その分、病気のリスクなどが高かったのだとか。
これは、今も同じですよね。

性に開放的だった江戸時代ですが、
8代将軍の吉宗の時代には既婚者の浮気を禁じる法律が設定されました。

もし違反したことがバレれば、
「死罪」になったそうです。

ですがあまりにも処罰が厳しいために、
訴える人はあまりいなかったのだとか。

その後は開国などでキリスト教の道徳観念が日本にも広がって、
徐々に国民にも浸透していき今の時代へ移り変わっていきました。

そして現代では、少子化と言われ、
農村部の慢性的な嫁不足も深刻化しており、
「草食系男子」と呼ばれる男性が増えています。

江戸時代の風習が当時と変わらずに残っていたら、
今の日本はもっと違うものになっていたかもしれませんよね。

ネットでの反応

・昔の方が良かったこともある

・時代の移り変わりだからね

・羨ましい時代だな

・性に開放的だったら性犯罪は減るかな

あなたにオススメの記事

⇒ 江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる…今の時代では考えられない…