実際に行われていた処刑方法…恐ろしすぎる…

実際に行われていた処刑方法
恐ろしすぎる…(閲覧注意)



現代の先進国においては法システムがきちんと機能して、
死刑においても公正な裁きのもと処刑が行われます。

しかし、かつては犠牲者の苦痛をできるだけ長引かせ
この世の地獄をとことん味合わせるよう
わざわざ考えられた残虐な処刑が実際に行われていました。

Scaphism

古代ペルシャで行われていた処刑方法。
犠牲者にミルクやハチミツを無理やり大量に食べさせて下痢を起こさせ、
裸の皮膚にハチミツを塗って木の幹に縛りつけ、淀んだ池の上に放置する。

その体や排泄物に虫が引き寄せられてたかり、
皮膚を食い破り卵を産みつけ始める。

壊疽が広がり、飢餓と脱水症状とショックで
じわじわと2週間以上かけて死に至る

ギロチン

苦しめずに人道的に処刑するためという理由で11の車裂きの刑の後、
1700年代後半にフランスで考案された。
フランスで最後にギロチンによる処刑が行われたのは1977年。

共和政心中刑

フランス革命時に行われていた男女を縛りつけて川へ沈める奇妙な処刑法。

セメント靴

アメリカのマフィアが好んで使った処刑方法。
足をセメントで固めて浮かんでこないようにして水に沈める

象による処刑

東南アジアでおもに行われていた。
象は犠牲者の死を長引かせるよう訓練されていたという。
支配者が野生動物をも意のままにすることを見せつけるために使われた。

舷側から突き出した板の上を目隠しして歩かせる

海賊など海のならず者が行っていた処刑方法。
犠牲者は溺死する間もなくサメの餌食になる。

ベスティアリ

古代ローマで猛獣と闘った剣闘士のこと。
金のための自主的なパフォーマンスだったこともあるが、
多くは政治犯が裸のまま闘技場に送り込まれ、猛獣相手になす術もなかった。

Mazzatello

処刑道具である槌の意味。
18世紀の教皇領で行われていた。

犠牲者は処刑台に乗せられて公共の広場に引き出され、
執行人が槌を振り下ろして頭蓋骨を割る

アップライト・ジェーカー

アメリカ発祥だが、現在はイランのような国で採用されている処刑方法。

犠牲者はトラップドアから落とされ、
脊髄を切断されてからクレーンのような機械で乱暴に吊り上げられる

ノコギリ刑

ヨーロッパとアジアの一部で行われていた。
犠牲者は逆さ吊りにされて、股からまっぷたつにされる
頭が下になっていると血が下がって腹の動脈が切断されるまで意識があるという。

皮剥ぎ刑

全身の皮を剥ぐ拷問で恐怖を煽るために行われた。
剥いだ皮は公共の場にさらされた。

血のワシ

ヴァイキングの武勇談の中に出てくる話で
犠牲者の背中を切り開いて胸郭を開け、
肺を引きずり出してワシの羽根のようにするという処刑法。

傷口に塩をふることもある。

グリッドアイロン

熱く焼けた鉄の網に乗せてじわじわと焼き殺す方法。

圧迫

ヨーロッパやアメリカで、犠牲者の口を割らせるために行われた拷問。
犠牲者が拒むとさらに重石が増やされ、胸が押しつぶされて窒息する。

車裂きの刑

別名キャサリン・ウィール。
犠牲者を車輪に縛りつけ、骨が砕け散るまで回転させる。

犠牲者の体の一部が車輪のスポークに残り、そのままさらされることもある。

スパニッシュ・ティックラー

通称ネコの前足。犠牲者の皮膚を引き裂くための道具。
傷の感染症で死ぬことが多い。

火あぶりの刑

歴史上もっとも一般的な処刑方法。
集団で行われることもある。

火で焼け死ぬというより一酸化炭素中毒で死ぬ場合が多い。

アジアで行われる拷問。

犠牲者は何本もの竹の若枝の上に縛られて放置される。
竹は一日に30センチと成長が早いので、
それが犠牲者の体を突き刺し、じわじわと貫いていく

生き埋め

政府が罪人を処刑するときに使った方法
日本軍が行っていたと言われている。

凌遅刑

20世紀になったころ中国で行われていた、体をゆっくりと切り刻んでいく緩慢な死。

処刑者はできるだけ長く犠牲者を生かしながら、
体の一部を少しずつ切り刻んでバラバラにしていく

切腹

侍が誇りを持って命を絶つための、儀式的な自殺の方法。

自ら腹に刀を突き刺して、はらわたをかき出す
すぐに後ろから介錯して首を落としてくれる親しい友人がいるのが望ましい。

ファラリスの雄牛

この装置は見物人が処刑を楽しむためにわざわざ作られた残酷極まりない道具。

雄牛の腹が人がひとり入れるくらいの広さになっていて、
下から火で炙って、じわじわと死に至らしめる

雄牛の頭部からは犠牲者の断末魔の叫び声が
まるで雄牛の雄叫びのように聞こえ、
その鼻からは焼けた肉から出る煙が立ち上る。

コロンビアン・ネクタイ

コロンビア、南米の麻薬カルテルで行われていた処刑方法。

犠牲者の喉を切り裂いて舌を引っ張り出すというもの。
遺体は見せしめのためにそのまま放置された。

磔刑

ローマ時代におもに行われていた、
じわじわと痛みと屈辱を与える残酷な処刑方法。

たいてい鞭打ちや拷問などの後に行われ、
犠牲者は自ら処刑場まで十字架を運ばされる。

十字架に手足を打ちつけられ、何週間もさらしものになる。
たいていは自力が息ができなくなり窒素死する。

首吊り、内臓えぐり、四つ裂き

イギリスで行われていた最も残酷な処刑方法。

まず犠牲者は木の枠に縛りつけられて処刑場に引きずりだされ、
首を吊るされるが、息絶える前に縄が切り落とされる

すぐに腹が切り開かれて内臓がえぐり出され、犠牲者の目の前で焼かれる。
陰部が切り取られ、最後は頭を切り落とされる

胴体は四つに切断され、見せしめのためにあちこちに放置される。
この処刑は男性にだけ行われ、女性はたいてい火あぶりだった。
引用:http://list25.com/25-of-humanitys-most-brutal-methods-of-execution/

ISISの処刑

現在においても発展途上にある国や暴動の絶えない国では
似たような処刑が死刑という形でなされていることがあります。

ネットでの反応

・死刑はされるだけの事をしているんだから同情なんかしたら負けだよ

・誰かを殺したのであれば被害者の親族が判決を下すべきだと思う。
事件に全く関係のない人間が仕事として人の生死を決めるのはおかしい。

・こんなことされるくらい悪いことした人たちだってわかってるけど処刑の仕方が怖い

関連記事

⇒ 脱北者が語った北朝鮮の拷問!知られざる北朝鮮収容所の実態がエグすぎる…