19歳の女子大生が一生オムツをつけなければいけない体に…
その理由が恐ろしい…



取り返しのつかない過ちを犯してしまったことで
オムツを着用して生きていかなければならなくなった女子大生。

中国在住で19歳の女子大生であるその女性は顔や氏名などの素性を隠したうえで
自身のオムツ姿の写真をネット上にアップロードし、そうなった理由について明かしました。

19歳の女子大生が一生オムツをつけなければいけない体に

「高校生の時に当時付き合っていた恋人と一緒に違法薬物を摂取しました。
それはK粉と呼ばれていた新種の麻薬でたった一回の摂取で私は膀胱を酷く損傷してしまったのです。」

彼女の告白が話題になるとこの女子大生が吸引した薬物は「ケタミン」だったことが判明しました。
ケタミンとは手術時の麻酔薬として使用されることがある他、
韓国では抗うつ医薬品としても使われいるのだそう。

しかし幻覚効果や依存度が高いため、
特殊管理が必要とされているものなのだとか。

現在、投稿者の女性の膀胱は健康な成人の膀胱と比べて
約10分の1に満たない大きさに縮小してしまっており、
健康な成人が400~500ml程度の容量があるのに対し、彼女は30ml程度なのだとか。

そのため、10分に1度はトイレに行かないといけない彼女の日常生活には
オムツを着用することが必須となっています。

投稿者の女性は自分の写真を投稿した理由について

「私の姿を見て麻薬の危険性を知ってもらい、
私のように苦しむ人が1人でも減れば良いと思っています。」

とコメントしています。

あなたにオススメの記事

⇒ 薬物の危険が一目瞭然の写真…グロテスクな光景だと話題に…