19世紀に大人気だったフリークショー…
世界に衝撃を与えた人たちの写真が話題に…


19世紀に大人気だったフリークショー

19世紀、フリークショーと呼ばれる見世物が全米で人気を博していました。

身体に奇形のある人々はまるで動物園の動物のように
見世物小屋に陳列されていたのです。

当時、彼らにとっては好奇の目で見つめる
群衆の前に立つことが唯一の生活の糧でした。

奇形があることを自ら売り出し、自立した生活を送る人もいましたが、
子どもたちや精神障害を抱えた人たちは
興行主の思うがままに利用されて生涯を送りました。

現在でも自分たちと違うと他人をジロジロ見る人がいることは確かですが、
幸いにも人間を見世物にする行為は厳しく禁じられています。

今回は実際に展示された人々の10枚の写真を紹介します。

1.エラ・ハーパーさん

エラ・ハーパーさんは生まれ持って膝の関節の奇形を抱えていました。

19世紀末には「ラクダ少女」という芸名で
サーカス団とともに全米ツアーを行なっています。

2.シュリッツさん

シュリッツさんは生まれつき頭蓋骨が極端に小さい小頭症で
70年の生涯を通して3歳児の知能までしか発達しませんでした。

それでもシュリッツさんは全米各地のフリークショーで
名声を博したといわれています。

3.アニー・ジョーンズさん

1865年にアメリカで生まれたアニー・ジョーンズさんは
5歳の時にはヒゲともみあげを蓄えて
ヒゲ少女としてフリークショーで活躍しました。

今までにアニー・ジョーンズさんのような症状を持った女性は
21世紀までに15名ほど報告されています。

4.ヒルトン姉妹

ヒルトン姉妹のデイジーとバイオレットは
腰から下が繋がった結合双生児でした。

1930年代に歌手やダンサーとして活躍しましたが、
興行主に騙されて貧困の中、病気で亡くなっています。

5.ルース・ベリーさん

ルース・ベリーさんは手足が短いアザラシ肢症で生まれ、
「ペンギンガール」や「ミニヨン」と呼ばれていました。

このアザラシ肢症は抗てんかん薬として処方されていた
サリドマイドが原因で妊婦が妊娠初期に摂取することで
1950年代から1960年代に生まれた子供達に影響が出たといわれています。

6.ルチア・ザラテさん


メキシコで生まれたルチア・ザラテさんは成人しても
身長が51cm、体重は2kgしかありませんでした。

彼女は所属していたサーカス団が真冬の興行先を回っている際に
雪で足止めをくらい、26歳という若さで低体温症で亡くなってしまいました。

7.マートル・コルビンさん

マートル・コルビンさんは
腰から下に2つの骨盤も持つ二殿体で生まれました。

13歳からフリークショーで活躍して大人気になり、
19歳で結婚して5人の子供に恵まれました。

マートル・コルビンさんは非常に明るくユーモアがあって、
男性からよくモテていたそうです。

8.グレーディ・スタイル

グレーディ・スタイルさんは指の一部が欠損した状態で生まれ、
「ロブスターボーイ」の芸名で活躍しました。

結婚して生まれた2人の子供も指が欠損しており、
「ロブスター家族」として全米で人気になりました。

9.ファニー・ミルズさん

ファニー・ミルズさんは遺伝性のリンパ浮腫の1つである
ミルロイ病を患って生まれました。

若い時から足には水が溜まって、
靴下の代わりに枕カバーを使っていたそうです。

この症状のために自力では歩けませんでしたが、
1週間に約40万円も稼いでいました。

10.ビル・ダークスさん

ビル・ダークスさんは前頭鼻骨形成異常奇形症候群を患って生まれ、
彼の顔には深い溝が走っていました。

幼い頃はその外見から通学も拒否されて満足な勉強もできませんでしたが、
40歳でフリークショーの一因となって大活躍したそうです。

今回は動物のように展示された人々を紹介しましたが、
これはほんの一部にしか過ぎません。

今だからこれは批判的に見られますが
この当時はこう言う人たちが大金を手に入れるチャンスであり、
救済措置の面もあったので個性を生かすという意味では
凄い良いことだったのかもしれませんね。

ネットでの反応

・繋がった姉妹の片方が先に死ぬってキツイな

・全員が全員好きでやっててちゃんとお金もらってたんならいいけどね。
騙され脅され劣悪な環境で人間として扱われずが多かったから
問題になったんでしょ

・学校に行って差別されるより
求められるところにいるほうがこの人たちは心地いいでしょう。
それを健常者が可愛そうだと決めることが差別。
否定するのも差別同情するのも差別。

あなたにオススメの記事

⇒ 19世紀の見世物小屋で働いてた人達…トラウマになりそう(閲覧注意)…