グリーン車で帰省中「子供がいるので席を譲れ」…
クレクレ親子に要求を拒否すると…



会社勤めで一人暮らしの毒女です。
お盆に都内から実家のある広島まで新幹線を使って帰っていた。

普段出張が多く、移動手段として新幹線メインに使っていた。

自分はJWESTカードというカードを持っていて、
座席予約もできて現金で払うより安く
新幹線に乗ることができる。

カードを使うとポイントが貯まり、
ポイントを使ってグリーン車を指定席料金で乗ることができたので
それを使って実家に帰っていた。

時期が時期なので指定席は満席、
自由席車両の乗車率は100%超え(アナウンスがあった)だった。

グリーン車は9割くらい埋まっていて
こりゃすげーなと思っていた。

クレクレ親子が「子供がいるので席を譲れ」

東京を出発してアラームセットして寝るかと思っていたら
幼稚園くらいの子供を連れた女性に

「子供がいるので席を譲ってほしい」

と言われた。

しかし、私はキッパリと

「嫌です。」

と拒否した。

すると

「なんでよ!子供がいるのよ!
可哀想絵だと思わないの?」

と言われたので、

「それは早くから席を確保しない親の責任ですよね!
私には関係ありません。」

とキッパリと言っといた。

おばさんが「譲ってあげたら?」

なんか予想外の事が起き混乱していたら
自分が座っている反対側の列にいたおばさんが
クレクレに援護射撃しやがった。

「お子さんもいるんだし、席くらい譲ってあげたら?」

と他人事だと思って言ってきやがった。

なので、クレママに

あちらの方が席を譲ってくれるそうですよ。
譲ってやれなんて言えるくらい余裕がおありのようですので
あちらの方に頼んでください。

と言った。

クレママは見事にターゲットをおばさんに変更してクレクレしだした。

おばさんオロオロ否定してたが、
車掌さんが来てクレママがグリーン車から追い出された

おばさんがこっち睨んでブツブツ言ってたけど
音楽聴きながら寝る体制に入ってガン無視した。

その後は特に問題なく広島に着いた。

クレクレ初体験だったけど、
なんとか対処できた。

ネットでの反応

・いくら子供がいるからとは言ってもね、ちゃんとルールは守ったほうがいいね。
子供をダシにして無理難題を言ってくるのが一番に質が悪いんだからさ。

・子連れでお盆の時期の新幹線を使うなら、早めに指定席を予約しとかなきゃいかんでしょ。
これは親が悪い。おばさんも自分ができないことを人に押し付けるもんじゃないよ。

・そんなに座りたいなら予め席を予約するか並んで次の電車の自由席に座るなりすればいいのに
なぜお金を払って席を予約している人を困らせるのか・・・
自分の事しか頭にないんでしょうねその子どもの親は

・親切は、有り難いものです。
『ありがとう』は『感謝』を表しているのですが、
本来の意味は『有り難し』で、『当たり前では無い』事です。
親切にする方は『当たり前』と思ってしますが、される方が『当たり前』と思ってしまうと、
『有り難い』事ではなくなります。
世の中我身を廃してまで、誰彼に親切に出来る人はそういるものではありません。
自己責任を棚上げにして、人に親切を求めるのは、ただの甘えです。

あなたにオススメの記事

⇒ 障害者手帳を印籠のように見せたオバサン→席を譲った青年は下車するとき、カバンからあるものを取り出しオバサンに見せた…