【恥ずかしい話】婦人科の先生が見たものを後で知り、もう二度とあの病院に行けなくなった私・・・旦那が怒鳴り込んだワケとは

【恥ずかしい話】婦人科の先生が見たものを後で知り、
もう二度とあの病院に行けなくなった私・・・

旦那が怒鳴り込んだワケとは


診察室で先生が見たものを私は後になって知った

今朝10時に、私は婦人科検診の予約を入れていた。

でも予約時間の一時間前、
病院から「30分早めに来てほしい」と連絡が入った。

私は何も考えずに承諾してしまった。

旦那と娘が家を出て行ったとき、既に9時を回っていた。
病院へは車で20分。

駐車する時間を考えると、時間はほぼなかった。

身体をきれいにしてから行くつもりだったけど、
そんな時間はなかったから、私は急いでトイレに入り、
洗面台の上にあった小さなタオルを濡らして
アソコだけサッと拭いておいた。

使ったタオルを洗濯かごに投げ入れ家を出て病院まで急いだ

予約時間ギリギリに到着した私はすぐに診察室に呼ばれた。

私はいつものように服を脱ぎ、診察衣に着替えて、診察台に寝た。

頭の中ではいつものように
どこか遠い場所で服を着て楽しいことをしている自分を想像していた。

診察中、先生がこう言った。

「あら、今日は何だかオシャレですね」

今日は何だかオシャレですねの意味

私は何も言わなかった。
なんのことを言っているのか全く分からなかった。

午後、学校から帰ってきた娘が
トイレに行ったあと、私にこう言ってきた。

「ママ、ここに置いてあった小さなタオル知らない?」

棚から新しいタオルをとりなさいと言ったら、娘はこう続けた。

「違うのママ。
洗面台に置いてあったタオルには
装飾用のグリッターが入ってたの。
キラキラするやつ。置き忘れちゃって」

私は、キラキラさせたアソコを先生に見せのかぁぁぁぁ!?
だから「今日はおしゃれ」なんて言われたのかぁぁぁぁぁ!?

こうして、この病院にもう二度と行けなくなったのです(笑)

関連記事

⇒ 【驚愕】「客だぞ!土下座しろ!」女子高生バイトに執拗に迫るお客。すると店長が凄い剣幕で・・・