暖房を使うと燃費が悪くなるのか?
燃費を悪化させないための効率的な使い方…




冬の車内空間を快適に保つために欠かせない車の暖房ですが
カーエアコンの暖房の仕組みや
正しい使い方をよく知らないという人もいるのではないでしょうか。

しかし、車の暖房の仕組みや正しい使い方を知らないまま使っていると
暖房の効果を十分に発揮できなかったり、
燃費を悪化させたりすることがあります。

今回は車のA/Cスイッチの意味と
冬の燃費、暖房効率を上げる方法を紹介します。

車のA/Cスイッチの意味

車にあるこの「A/C」とはAir Conditionerの略で
エアコンのスイッチのことです。

エアコンと聞くと普段家庭で使っているエアコンのことを連想し、
冷房や暖房などの機能が備わっている電気機器だと考えるかと思いますが
実は車のエアコンA/Cには暖房機能はなく
冷たい空気を出す冷却機能と除湿機能しか搭載されていません。
(電気自動車は除く)

車においては暖房とエアコンA/Cは別物なのです。

A/Cスイッチは冷房時に使われる
コンプレッサー(圧縮機)を動かすためのもので
このスイッチをONにすることでコンプレッサーを動かし、
冷却・除湿を行うのです。

エアコンを使うと燃費は悪くなるのか?

冷房をかけたい時はA/CスイッチをONにしなければ冷風が出てきません。

A/CスイッチをONにすることによってコンプレッサーが作動し、
冷媒が冷やされ空気を通すことで霊風を作り、
車内に送り込んでいるのです。

コンプレッサーを動かすためには大きな電力が必要になりますが
その電力はエンジンの動力によって生み出されます。

そのため、エンジンに余分な動きが多くなり、
ガソリンをより多く使うことになるのです。

特に冷房を多く使う夏場は燃費が目に見えて悪くなります。

暖房を使うと燃費が悪くなるのか?

カーエアコンの暖房も冷房と同じような仕組みになっていると
思う人もいるかもしれません。

実は車の暖房はエンジンを冷却するために循環されている冷却水の熱、
すなわち捨て熱を利用しています。

暖房用として新たなエネルギーを作っているのではなく
不要な熱エネルギーを捨てないで
暖房用に活用しているというわけで燃費にはほとんど影響しません。

そのため、冬場に暖房を使用する場合は
コンプレッサーを作動させる必要がありません。

つまりA/CスイッチをONにしなくても
カーエアコンの暖房を利用することができます。

冬場の習慣でA/Cスイッチを入れて
設定温度を上げるという使い方をしている人はいないでしょうか?

カーエアコンの暖房機能は送風(ファン)により
その熱を送り込む働きと温風の温度を調節する働きの2つなのです。

「寒いけど燃費を気にして暖房はつけない」という方もいますが
暖房の場合は燃費はほとんど気にしなくても大丈夫です。

維持費を下げるために様々な部分での節約は必要ですが
このような仕組みから暖房だけを使いたい時はA/CスイッチはOFFにして
送風の風向きと強弱の調節、温度調節を行うだけで大丈夫です。

もしA/CスイッチをONにすると
カーエアコンは暖房をしながら冷房を機能させていることになるため、
無駄なエネルギーを使っていることになります。

さらに車内の暖房効率も悪くなるのです。

もちろん温風の送風のための電力を使用するので
まるっきりタダではありません。

使用電力は小さく燃費に影響するほどではありませんので
エネルギー消費にはほとんど関係ないと考えてよいでしょう。

これは電気を使うオーディオやヘッドライトなども同じことが言えます。

なお、雨天、降雪時、結露などでガラスが曇ってしまう場合には
視界が悪くなると事故の危険性も上がりますので燃費は悪くなりますが
冬場でもA/Cスイッチを適時、ONにして除湿を行なってください。

それにエアコンA/Cを全く使わないと
コンプレッサーの故障の原因になり得る事からも
エアコンを適時使うことは非常に大事なことなのです。

電気自動車やハイブリッド車では事情が異なる

ここで注意点としてここまでの説明はガソリン車の場合であって
電気自動車やハイブリッド車の場合は事情が異なります。

電気自動車の場合はエンジン熱なるものがないので
暖房もそれなりに電気を消費します。

なので暖房の使用によって航続距離が下がるので注意が必要です。

ハイブリッド車も同様に暖房を使うと燃費が悪くなります。
なぜなら熱を蓄えるためにエンジンを使わないといけないからです。

逆に冷房はクーラーコンプレッサーをエンジンで回さずに
電気で回すのでガソリンの消費は少ないです。

そもそも冬は燃費が悪化する

ガソリン車の場合、
暖房を使っても燃費が悪化する心配はないと説明しましたが
実はエンジンが十分に温まった場合の話です。

ここで冬に燃費が悪化する理由を説明します。

理由①エンジンが冷えている

実際冬の時期などエンジンの始動時、
エンジンが暖まっていない時はエンジンが適正温度になるまで
頑張ってガソリンを燃やして回転数を上げます。

冬場にエンジンをかけてもすぐに暖房が効かないのは
エンジンがまだ暖まっていないからです。

なので、エンジン始動時は暖房の使用が
燃費悪化に少なからず影響すると言えます。

ですが、始動開始から時間が経過しエンジンが暖まってから暖房は
その廃熱を有効活用することになるため、燃費が悪化しないのです。

理由②暖機運転をしている

地域にもよりますが、
早朝はフロントガラスが凍っていて暖機運転をしなければいけません。

止まっている間もガソリンは消費するので
その分燃費は悪くなります。

理由③空気密度が上がる

冬は空気密度も違います。

寒いと酸素の量が増えるのでその分ガソリン消費も増えます。

理由④スタットレスタイヤの摩擦抵抗

スタットレスタイヤは夏用のタイヤに比べると
摩擦抵抗が増えるので燃費が悪くなります。

冬に燃費が悪化する理由としては以上となりますが
これはつまり、車が冷えているとうまく動けないため、
ウォーミングアップを多めにしているわけです。

冬のエンジン始動時に燃費が悪化する事を防ぐ術は
残念ながらありません。

弾頭を願うしか方法はなさそうなので
基本的に冬は暖かい時期よりも燃費が悪くなるのは
仕方のない事なのです。

それを前提とした上で正しい暖房の使い方を知り、
走行時の燃費の悪化を防ぐことが重要になってくるのです。

暖房の効率的な使い方

A/CスイッチをOFFにした上での効率的な暖房の使い方を説明します。

ただし、エンジンが冷えきっている状態の始動時ではなく、
ある程度温まった状態での方法となります。

1.送風を稼働、かつ外気導入にする

車の暖房効果を高める方法として外気導入の活用が有効です。

A/CスイッチをOFFにして外気導入にすれば
送風だけで温風が出ます。

外気導入にすることでエンジンからの熱を車内に送り込むことができます。

さらに、温風は下から上へと流れる習性を利用し、
送風口の向きを下向きにすることで
車内にくまなく温風を循環させてより効率よく暖める事ができます。

ただし、A/Cスイッチを押さずに送風だけにした場合は
窓ガラスが曇りやすくなるので
たまにA/Cスイッチを押してやる必要があります。

また、窓を開けて換気することでも車内の湿度を調整する事ができます。

2.送風を切り、外気導入にする

先ほどのファンを稼働させるよりもさらに燃費の良いやり方です。

実は送風(ファン)を切っても外気導入にするだけで
車速が出ている場合は微量ですが
温風が車内に入ってきます。

ある程度車内が暖まるまでは内気循環にし、送風を回し、
車内がある程度まで暖まった後は送風を切り、
設定温度を高温域にし、外気導入にしましょう。

そうする事で送風分の電気負荷を減らす事ができ、
さらに燃費が良くなります。

車種や車の年式、機能によっても
効果の程が異なる場合があるかもしれませんが
エアコン暖房の仕組みや機能を知っていて使うのと
知らないで使うのとではだいぶ違ってきます。

参考にしてみてください。

ネットでの反応

・A/C入れれば当然燃費は落ちるが、
車の場合、安全のほうが絶対優先。
ガラスが曇るなら迷わずA/C使いましょう。

・暖房の時はある程度の速度が出ていれば外気だけでも
かなり暖かかったりする。
でも雪国では靴裏の雪が蒸発して曇るのでやはりA/Cは必要。

・外気取り入れると
牛の糞の匂いするからさぁ・・・
ウチ、都会なもんで

あなたにオススメの記事

⇒ 車の寿命を縮めてしまう行為5選…無意識にやっている車を傷める行動が話題に…