中国人による日本の税金でタダで高額ガン治療
医療制度のヤバ過ぎる抜け道…



中国人による“爆買い”が一段落付く一方で昨今、
日本で検診や病気の治療を行う
医療ツーリズムが活気づいている。

しかし、制度の盲点を突き、
日本の医療制度にタダ乗りしている中国人も急増しているという。

「中国からの患者が押し寄せ、
とにかく大変。言葉が通じず、
しかも『はるばる来たのだから先に見ろ』

などとわがままを言う人も多く、
日本人の患者にしわ寄せが及んでいる。

しかし、日本人へのしわ寄せはそれだけではない…」

こう語る医師が所属するがん専門の大手病院には
ここ数年、中国人のがん患者が大挙して訪れている

中国では承認されていないクスリの投与を望む患者や、
最先端の治療を受けたいという患者が多いためだ。

中国でもがんは死因の上位を占める国民病

2009~11年に収集された全人口の6.5%にあたる
データに基づいて推計した結果、
中国全土における浸潤性がんの2015年の新規診断例は
429万2000例に上るとみられている。

つまり、がんの新規診断は毎日1万2000例近くに上り、
7500人が日々命を落としている計算だ。

それだけの病気となった中国のがん患者たちにとって、
日本の医療レベルは高く信頼性も高いため、
検診や治療を望む人たちが殺到しているというわけだ。

しかし、こうした中国人たちの中に、
招かれざる客が多数紛れているというのだ。

先の医師は匿名を条件に語る。

「がんの治療費、なかでも最先端治療の費用は高く、
中国人でも超富裕層しか受けられないはず。
しかし、ここ数年、そうでもない一般の患者が急増している」

たとえば、悪性黒色腫と非小細胞肺がん、
腎細胞がんなどに適応する薬として承認された「オプジーボ」。

病状やステージなどにもよるが、
薬代だけで1日当たり3万9099円はかかる。

年間で見てみると、体重40キログラムの人の場合約1144万円、
60キログラムの人で約1792万円かかる計算だ。

そのライバル薬としてMSDが発売、
悪性黒色腫と非小細胞肺がんなどに適応するとして
承認された「キイトルーダ」でも、
年間1427万円はかかるとされている。

しかも、あくまでこれらの薬は症状を悪化させない意味合いが強く、
長期間にわたって投与する必要があるのだから、
その費用はかなりの金額に上る

もちろん、がんの種類や症状によって治療法や薬は異なり、
すべての患者がこれだけの費用を負担しているわけではないが、
いずれにしても治療費は高額だ。

では、こうした費用をなぜ一般の中国人が負担することができるのか。
そこにはあるカラクリがある。

中国でがんと診断され、2ヵ月前に夫と一緒に来日、
がんの専門病院で治療を受けている40代の女性は明かす。

「渡航費、滞在費、治療にかかる費用など、
合わせて300万円程度でいいと業者に誘われ、日本にやってきた」

関係者によれば、この女性が日本で治療を受けた場合、
実際にかかる費用は一般的に見て1000万円程度だとみられる。

それが3分の1程度の負担に収まっているのは、
来日する際の「ビザ」に理由があるのだ。

通常、日本で病気を治療する際には、
「医療滞在ビザ」で入国する。

しかし、この女性の場合、「経営・管理ビザ」で入国していた。
経営・管理ビザで入国し健保に加入して「3割負担」

この関係者によれば、

「がんや肝炎など高額治療の患者を集めて斡旋、
ツアーを組む業者までわんさかいる。もちろん、日本の行政書士などとグルになってやっている」

という。

入国制度の盲点を突き、
中国人が日本の健康保険を使って高額ながん治療を行っているというわけで、
医師が語るように「日本人にしわ寄せが及んでいる」形になっている。

生活保護を受給し1円も払わないケースもあるという…

もちろん、きちんと医療費を支払って治療している中国人も少なくなく不正を働いているのは一部。
だが、複数の医師は、

「現場では、決して無視できないほどの人数が治療に訪れている」

と危機感を強める。

今や国民医療費は40兆円を突破し日本の財政は危機的な状況にある。

しかも、健康保険の原資は日本人が納めているお金だ。
それを“食い物”にされている状況は看過できないだろう。
引用:http://diamond.jp/articles/-/129137

あなたにオススメの記事

⇒ 中国の物乞いビジネスの実態…物乞いの稼ぎ方がエグかった…