縄文時代の性事情がヤバすぎる…
現代人も羨む性生活の実態とは…


縄文時代から性行為の歴史は存在していた

縄文時代の人たちの歴史は
性行為を生き残るためにしていたと言われている。

またこの時代は避妊をするという認識がほとんどなく、
日常的に縄文時代の人達は子孫を残すため、
性行為をたくさんしていたと言われている。

もし、子供ができても出産後にすぐに亡くなってしまう事も多く、
生き残ったとしても短命だったことから性行為をし、
子供をたくさん産み、子孫が途絶えないようにする事に必死だったというのだ。

昔の人達の性生活の歴史は主に野外で行われていたと言われている。

縄文時代の人達は現代の様に電気のような明かりがない。

そのため、自分たちが起こした火を頼りに、
夜の生活を営んでいたというのだ。

しかし、暗くなると動物も多くみられるため、安全な環境ではなかった。

そうなると自然と性行為を行うのは昼間の明るいうちだったと言われている。

昔の人達には現代人のような性行為においての羞恥心がなかった。

だからこそ、人前で性行為をするのは当たり前だったようだ。

そして、周りの性行為を目の当たりにしながら
昔の人達は自然と性行為を学習していたという。

縄文時代の人達は短命だった理由…

縄文時代の平均寿命は男女共々15歳だと言われている。
これは乳児の死亡率がとても高かった事。

そして今の時代と比べ、
医療技術もない時代だったことから
女性が出産の時に命を落とす危険性もあったからだという。

縄文人の○○は抜群に長けていた

縄文時代と言えば貝塚や土器などを思い浮かべるだろう。
しかし現代のように機器の復旧もしていない時代だ。

土器などを作り上げていた、
昔の人の性生活とは、どんなものだったのだろうか?

避妊などの知識はないも等しかったが、
実は昔の人達は性行為の技術がとても長けていたと言われている。

現代人の性行為をする時間はおよそ一時間程度に満たないと言われている。
長い人でも二時間くらいだ。

しかし、

昔の人達の性行為に及ぶ時間はなんと一晩中だったというのだ!
そして縄文時代の男女には驚きの事実が隠されていた…

なんと縄文時代の男性は性行為の時、
オーガズムをコントロールできていのたのだ!

縄文時代の人達は性行為において、
とてもタフでテクニシャンだったと言われている。

昔の人は現代の人達よりずっと体力があり、
一度性行為をし始めると一晩中性行為ができた。

その間、男性はセックスの絶頂をコントロールでき、
女性も自在にオーガズムをコントロールできていた事から、
一晩中性行為に打ち込めたという。

しかしこれだけではない…
過去には現代には考えられないこんな時代が存在した。

現代には考えられない…こんな時代があった

1.本能のままの原始時代

原始人と言えばアニメや漫画、教科書出てきていたり、
時にはテレビで原始人のキャラクターが起用されるなど…
今なお、原始人という言葉は残っている。

裸ん坊でマンモスを追いかける原始人たちが存在した旧石器時代。

原始人が存在していた旧石器時代には、
性生活は食べるや寝る事と同じで本能のままにしているものだった。

今では当たり前にある「夫婦」の形や「結婚」と言った概念は原始人の時代にはなく、
特定の相手を持たなかったと言われている。

また原始人は現代のように各々の住居もなく、集団で生活をしていた。

そのため、男性と女性の原始人の集団が
本能のおもむくままに性行為をしていたとみられる。

原始人の時代には人間というより、動物に近い存在であって、
そこに秩序などはなかった可能性は高い。

2.平安時代には売春宿があった

平安時代は貧富の差が著しく、
女性に乱暴をする人も少なくなかった危険な時代。

この頃には売春宿がすでにあったそう。

また、商品を手に入れるための物々交換が出来ない時には
身体で支払うことも。

今の私たちからすると女性にとっては非常にツライ時代だったようだ。

3.戦国時代からは男性同士の愛が目立つように

戦国時代から江戸時代は男性同士の関係が目立つようになる。

その主な理由は男女比が7:3と圧倒的に男性の方が多かったことや
『戦争前の女性とのセックスは縁起が悪い』とされていたこと。

男性同士の愛の方が純愛であるとも言われていました。
織田信長と彼が可愛がっていた蘭丸との関係は有名だ。

4.煌びやかな江戸時代

ドラマや映画でよく目にする、
江戸時代の文化については、知っている人も多いだろう。

江戸時代の2大特徴と言えば、
将軍に仕える女性集団『大奥』と、巨大な風俗街『吉原』。

どちらを見てみても女性が好きでもない男性と性行為をすることには変わりないが…

それまでの時代に比べて『選ばれて性行為をする女性』の地位や扱いは
高いものだと考えられていたことがわかかる。

この後、明治や昭和を経て日本では『1対1』のパートナーを持つのが
一般的と考えられるようになり、
それと共に女性の地位が向上してきた。

そう考えると大好きな彼や夫と
ラブラブな性行為ができることはとっても幸せなことだ。

性行為の時にはたくさんたくさん、愛を伝えあいたいものです。

あなたにオススメの記事

⇒ 江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる…今の時代では考えられない…

関連記事

当サイトについて

運営者情報