【驚愕実話】
娘を暴行され、更に挑発された母親は
犯人にガソリンをかけ、焼き殺してしまった。
逮捕され、出廷した母親を待っていたのは…



2005年スペインで娘に暴行した男に対し、
ガソリンをかけて火をつける方法で復讐するという事件が起こりました。

1998年アントニオ・コスメ・ベラスコ・ソリアーノ(当時62歳)は
13歳の少女を刃物で脅して強姦し、警察に逮捕され、
懲役13年の判決を受けた後、
控訴して、最終的な刑期は9年になりました。

そして、7年後の服役中の2005年、
ソリアーノは3日間だけの外出許可を得て故郷へと戻りました。

バーへ向かう途中でなんと
レイプした娘の母親に出あってしまったのです。

「娘は元気か?」と言い放ち
ソリアーノは大声で母親を挑発したのでした。

母親はソリアーノの後を追ってバーに現れ、
持参した大量のガソリンをソリアーノにかけ、
ソリアーノの体は瞬時に炎に包まれ、
辺りには絶叫が響き渡りました。

母親はソリアーノが燃えているのを確認した後、
店から逃走しました。

ソリアーノは全身の皮膚の60%を失う大火傷を負い、
入院先の病院で11日後に苦しみ抜いて死亡したそうです。

母親は逮捕されましたが、
彼女が出廷すると群衆は「ブラボー!」
と拍手喝采で母親を出迎えたのでした。

娘が強姦されて以来母親が精神病を患っていたことと
ソリアーノが母親を挑発したことが考慮され、
罪には問われない可能性が高いそうです。

ネットでの反応

・性犯罪者は手に負えない。
何度刑務所に入っても出所したら犯罪を繰り返す。

・後味悪いけどGJといわざるをえない。

・ブラボー!

・何度読んでも胸がスーッとするな

あなたにオススメの記事

⇒ 【報復】娘が熱を出して車で病院に急行中⇒警察「そこの車止まりなさい!」俺「娘が熱を出しているんです!早く病院に連れて行かせてください!」⇒警察「本当にお宅の娘さん?車内を検査します。」ムカついた俺は警察に罠を仕掛けてやった。