ラブホを使わない方がいい理由…隠しカメラの設置やシャンプーには体液が…

ラブホを使わない方がいい理由
隠しカメラの設置やシャンプーには体液が…


ラブホを使わない方がいい?

ラブホテルに隠しカメラがあるのは本当の話なのだろうか?
AVの世界ではよく見るストーリーかも知れません。

AVの世界は基本的にフィクションですので、
どんなストーリーだったとしても気にしなくて良いと思います。

しかし、現実的に「盗撮」は本当に行われているのでしょうか?

最近ではサウナやスポーツクラブの更衣室まで
堂々と設置されているケースもあります

防犯上の理由ということですが、
あまり気持ちの良いものではありません。

防犯上の理由としてラブホテルサイドが
客室まで隠しカメラを設置しているのかというと
答えは「ない」と答えます。

もしオーナーがそんな仕掛けを画策しても
設計士、大工、建具屋、従業員、パート
すべてに箝口令を敷かねばならず、
秘密を守るのは実質的に不可能とのこと。

ただ、客がカメラや盗聴器を仕掛けることはあるらしく、
そこまでチェックすることは事実上不可能とのことです。

そんなラブホテルでの監視カメラ事情ですが、
隠しカメラが設置されていた事例がありますので紹介します。

ラブホテルに隠しカメラが設置されていた

彼氏と大喧嘩して頭に血が上っている彼女。

興奮すると何でも物を投げつける癖があり、
その時もラブホテルの客室で灰皿を手に取り、
彼氏に向かって投げつけたそうです。

彼氏はその投げつけられた灰皿をもちろん避けたそうです。
その結果、たまたま彼の背後にあった鏡が割れてしまったという。

鏡を割ってしまい、正気を取り戻す彼女。
そして、その割れた鏡の後ろから偶然にも発見したのが・・・

割れた鏡の後ろから偶然にも発見したのが隠しカメラだった。

カップルはホテル側に問い詰め、
口止め料として20万円をGETしたそうです。

そして、彼女はそのお金で洋服やらバッグやら何でも購入する一方で、
この隠しカメラを発見した事実を隠しているどころか
周囲に喋りまくっているそうです。

これはフロントのスタッフとその友人とが直接の知り合いであり、
そのラブホテルや友人の氏名までが具体的に明らかになっているという点では、
信憑性は高い話であるといえる。

私のところでも似たような器物破損事件が発生したことがあることも、
その証言がまんざら作り話ではないとの心証を強めることになった。

やや古い話であるが、現在42歳になるK子が高校生の時の話とのこと。
彼女の叔父(母親の妹の旦那さん)がラブホテル関係の内装の仕事をしていて、
ある時、その叔父が「一緒に来るか?」と彼女をラブホテルの建築現場に誘ったという。

子供心にラブホテルというところに興味があり、喜んで一緒についていった彼女は
そこで鏡の後ろにカメラを叔父が設置しているのを目撃したという。

叔父は「こういうホテルにはカメラがあるんだぞ~。それでも使うか?」
と彼女を冷やかすように口調ぶりで語ったそうだ

一部のラブホテルでは隠しカメラがあるのは事実のようですね。
さらに、ラブホを使ってはいけない理由で都市伝説とも言われているシャンプーの件。

ラブホのシャンプーには体液が混入されているという事例も紹介します。

ラブホテルのシャンプーには体液が混入されている?

備え付けのシャンプーやリンスには気をつけてください。
前のお客様がふざけて体液を入れてたりすることがあるようです。

店員もシャンプーの中身までチェックはしないのです。

やっぱりこういう変態はいますので使わないにこしたことはないでしょう。
髪を洗ったりするのは自宅がいいですね!

関連記事

⇒ なぜか合法な日本のグレーゾーン7選…警察も見て見ぬふり?