大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件…
少年犯罪史に残る凶悪事件の末路とは…


大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件とは

大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件をご存知でしょうか?

この連続殺人事件は1994年9月28日から
わずか11日間の間に起きた3府県で発生した
未成年の少年グループによる男性4人が殺害された
連続リンチ殺人事件です。

犯人は、非行仲間で、

いずれも無職の

愛知県一宮市生まれのMK(当時19歳)
大阪府松原市生まれのKA(当時19歳)
大阪市西成区生まれのHM(当時18歳)

の3人。

この3人は同年8月から9月にパチンコ店などで知り合った。

いずれも定職につけず通行人から恐喝して金を巻き上げたり、
恫喝して建設現場に送り込んだ金で生活していた。

主犯格のMKは生後間もなく母親を亡くし
母方の兄夫婦の養子となったが、
幼稚園に入った頃から盗癖があり
中学時代には救護院に入った。

だが矯正どころか益々非行が増長し窃盗、恐喝、強姦などを
繰り返し少年院に入った。

平成6年2月に仮退院したが、
間もなく強姦事件を起こして補導。

8月には強盗致傷事件を起こして大阪へ逃亡。

そこで、2人と出会い同じような境遇と知り
意気投合したこの3人
(実際には16歳の少女をはじめ
複数の非行仲間が加担している)が引き起こした
凄惨リンチ殺人事件は、それぞれ
「大阪事件」、「木曽川事件」、「長良川事件」と呼ばれている。

上記でわかるように計画的犯行に加え、
故意の犯行だということがわかるかと思います。

大阪事件

平成6年9月28日午前3時頃、
主犯格の2人は大阪の道頓堀で
通行中の元すし店員の川田さん(仮名26歳)に因縁をつけ、
小林らの溜まり場である同市内の組事務所に
連れ込み暴行を加えた。

その上で川田さんに飯場で働かせ報酬を
強取しようとしたが、
川田さんが拒否したため同日午後8時頃、
主犯格の3人は川田さんの首を絞めて殺害した。

さらに死んだことを確認するため
タバコを川田さんの身体に押し付けて確認するという
冷酷で残忍な行為を平然と行った。

小林は殺害後、暴力団の組員に後始末を相談した結果、
川田さんの死体を布団で包んで、
翌29日、高知県安芸郡奈半利町の山中に遺棄した。

後日、警察の剖検で鎖骨、肋骨3本が折れ、内臓が破裂していた。

木曽川事件

主犯3名は川田さん殺害の発覚を恐れて、
地元の愛知県稲沢市に戻ってきた。

大阪事件から8日後の10月6日午後7時30分頃、
同じ非行仲間の家でシンナーを吸引していたところ、
地元の遊び仲間の田中さん(仮名22歳)が突然訪ねて来た。

田中さんは、以前、自分の彼女が
主犯1人に強姦されたことを恨んでいたため、
殴り合いの喧嘩になった。

そこで3人は協力し、田中さんの頭部や顔面を
ビール瓶や棒で殴打した。

リンチは翌日の7日午前2時まで続き、
田中さんは意識不明の状態に陥った。

3人は田中さんを尾西市の木曽川河川敷に遺棄しようと
土手から蹴り落とした。

さらに雑木林へ引きずりシンナーをかけてから
ライターで火を点けて逃走した。

長良川事件

木曽川事件のわずか1日の午後10時頃、
遊ぶ金欲しさに金品を強取することを提案。

仲間と共謀し、愛知県稲沢市のボウリング場の
駐車場で物色を始めた。

そこへ中学校の同級生で一緒にボウリングをしようと
会社員・原田さん(仮名20歳)と
アルバイト・西山さん(仮名当時19歳)が通りかかった。

主犯格3人は2人に因縁をつけて
顔面を殴打するなどの暴行を加え、
車の後部座席に無理やり乗車させ
江南緑地公園木曽川左岸グランド駐車場から
岐阜県こどもの国駐車場などを経て、
岐阜県安八郡輪之内町の長良川右岸堤防へ連れ回した。

その途中、原田さんから8000円を強取した上、
翌日の午前1時頃、2人を金属パイプで
全身を滅多打ちして殺害した。

死体は江南緑地公園木曽川左岸グランド駐車場に
遺棄して立ち去った。

2人は金属パイプから身体を守るため両腕で防ごうとした結果、
両腕の骨は砕けてボロボロの状態だったという。

主犯格3名に対し手の死刑判決

最高裁が把握している限りでは66年以降、
同一事件で犯行時少年だった複数の被告の死刑が
確定するのは初めて。

第一小法廷は

「わずか11日間のうちに殺人、強盗殺人を重ねており、
4人の生命を奪った結果は重大だ。
3人の犯罪性は根深く、犯行時少年であったことなどを最大限考慮しても
3人の死刑はやむを得ない」

と述べた。

一審は1人が死刑で2人が無期懲役、
二審は全員死刑と分かれたため、
最高裁の判断が注目されていた。

弁護側は

「反省の態度を見せており、
当時、未熟な少年だったことを考えれば、死刑は重すぎる」

などと訴え、減刑するよう求めていた。

2001年7月の一審・名古屋地裁判決は
小林被告だけを「中心的な立場」と認定して死刑とし、
残る2人を無期懲役とした。

一方、05年10月の二審・名古屋高裁判決は

「4人の生命を奪った結果は重大で、3人の役割に差はない」

と述べ、
改めて全員に死刑を言い渡した。

少年らの実名

小林正人

愛知県一宮市生まれ。
生後すぐ母親と死別し、親類の家に養子に行く。

童顔であるが凶悪。

中学時代から万引き、カツアゲを繰り返し、
赤ん坊の顔にパチンコ玉を放ったこともある。

中学時代の終盤は教護院で過ごす。

大倉淳(旧姓小森)

大阪府松原市生まれ。

定時制の工業高校に進むが、1年で中退。

ホストクラブで働いたのち、暴力団の準構成員となる。

芳我匡由(旧姓河渕)

大阪市西成区生まれ。
7人兄弟。貧しく、放任の家庭。

裁判の結果

「11日間という短期間に犯行を重ねており、
執拗で残虐。地域社会に与えた影響は大きい」

2011年3月10日、最高裁判所は上告を棄却し、
元少年3人に死刑が確定した。

判決後、死刑確定によって
更生の可能性が事実上なくなったことを受けて、
各報道機関は主犯格3名の実名を公表するに至った。
現在でも「公正の兆しはない」とし、
死刑囚として3名は刑の執行日まで静かに服役中との事。

このような凶悪犯罪も風化されてしまう時代だからこそ、
忘れてはいけない事件ではないでしょうか。

あなたにオススメの記事

⇒ 元少年A・酒鬼薔薇聖斗の現在…神戸連続児童殺傷事件の犯人の素顔が明らかに…