歴史から消された戦後の在日朝鮮人がやったこと
朝鮮進駐軍は卑劣きわまりなかった…



在日朝鮮人は「朝鮮進駐軍」部隊と名乗り武装して町をのし歩きました。

朝鮮進駐軍とは日本の保守界隈でしばしば使用される用語。
第二次世界大戦後、在日朝鮮人によって組織され、
日本各地で凶悪犯罪を引き起こした犯罪組織です。

戦後の在日朝鮮人はなんの国際法上の地位もないにも関わらず、
勝手に自分たちを「戦勝国民である」であると詐称し、
武装集団となって全国主要都市に出現し暴れまくっていました。

在日朝鮮人集団は戦後の治安が整っていない空白を良いことに、
土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、殺略、警察襲撃など
暴れ放題の限りを尽くします。

今回は歴史から消された戦後の在日朝鮮人がやったことを紹介します。

歴史から消された戦後の在日朝鮮人がやったこと

在日朝鮮人達は国有地も、都心駅前一等地周辺も軒並み不法占拠しました。

各地の闇市も管理して略奪で得た物を販売したり、
禁止されている麻薬や密造酒を売って莫大な利益を得ていくのです。

しかし、GHQ(総司令部)は朝鮮人が「地外法権的地位にないこと」発表します。

「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」と言ったとか言われています。
それまではGHQが在日朝鮮人を治外法権を認めていたことになります。

1949年(昭和24年)GHQにより団体等規正令の暴力主義的団体として
「在日朝鮮人連盟」に解散を命じますが、
在日朝鮮人連盟は現在の在日本大韓民国民団や
在日本朝鮮人総連合会(総連・朝鮮総連)に
組織を変えて残っていきます。

武装した朝鮮人集団は農家や農協倉庫を襲い、
貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、食料や商品を根こそぎ 奪って行きました。
当時は農耕機械が無いので農家は農耕用の牛を飼っていました。

朝鮮人達が夜中に牛を盗みに来て
自分たちで食べたり闇市で売りさばいたので
全国の牛がいなくなったというのは有名な話です。

警察も手が出ませんので正式な記録がありません

捕まえたり検挙したりすると
逆に警察署が襲撃されたり警官が殺されます。
全国各地で警察署襲撃事件が起きます。

日本人は武装した朝鮮人達に我慢して耐えるしかなかったのです。
そんな暴れ放題の在日朝鮮人集団に対抗したのが
任侠道のヤクザ達でした。

警察も手が出ない在日朝鮮人集団に腕力・暴力で対抗していきます。
その頃はヤクザは自衛団として国民的な地位を得ていくのです。

警察もヤクザの手を借りないと治安を保てない状況が生まれていき、
持ちつ持たれつの関係が始まります。

そしてヤクザは暴力団として成長して行きますが、
戦後の在日朝鮮人集団との対決が無くなってしまい、
暴力団の中で在日朝鮮人の存在が大きくなっていきます。
引用:http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-672.html

在日朝鮮人が日本を陰で操る存在に

在日朝鮮人は略奪品を全て戦後の闇市で売りさばき、
暴利で財を成していきます。

闇市が繁華街としてパチンコ屋、飲み屋、風俗店等々に姿を変えて出現し、
そのまま彼らの土地として登記され現在に至っていきます

財を成した朝鮮人は日本人に名前を変えて暴力団と手を組み
法人化して経済界や報道、興業や政治組織として社会主義、
共産主義組織へと発展し、政界にも進んだのです。

財力や組織票で政治家を操り、罪悪非道の在日朝鮮人達の悪行を
報道、教育、公表を控えて
問題視されないようにコントロールしてきたのです。

近年インターネットが普及し、
誰でも情報を発信できるようになってきたので
戦後の在日朝鮮人集団の悪行が世界に出て来ています。

韓国内でも捏造された間違った教育がされていることを
韓国民も気が付き始めています。

過去の日本のしたことがお詫びをするどころか、
逆に感謝されて、韓国人に謝罪させる時代になりつつあるのかもしれません。

朝鮮進駐軍が起こした有名な事件

長田区役所襲撃事件

1950年(昭和25年)11月20日から11月27日にかけて、
兵庫県神戸市長田区で発生した公安事件。

朝鮮人が生活擁護をよこせと役所へ押しかけた。

阪神教育事件

1948年(昭和23年)4月14日から4月26日にかけて
大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による
民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で
GHQは戦後唯一の非常事態宣言を布告した事件。

首相官邸デモ事件

1946年(昭和21年)12月20日に東京都麹町区(現・千代田区)で発生した
在日朝鮮人による暴動である。
アメリカ軍憲兵隊が出動。

宇部万来町事件

1952年6月5日に山口県宇部市で発生した暴動事件。
「潜在収入がある」として、生活保護費増額を見送っていたことに
激昂し留守中の上宇部派出所を襲撃。

尾花沢派出所襲撃事件

1947年(昭和22年)10月20日に
山形県北村山郡尾花沢町(現尾花沢市)で発生した事件。
ヤミ米摘発の鬱憤を晴らすべく、朝鮮人が派出所を襲撃。

坂町事件

1946年(昭和21年)9月22日に、新潟県岩船郡保内村(現・村上市)で発生した事件。
ヤミ米の取締りの際に警察官 10人が現場に向かい取り締まろうとしたところ、
約50人の朝鮮人・中国人が襲い掛かり、殴る蹴るの暴行を加えた事件。

坂町事件

1946年(昭和21年)9月29日に新潟県新潟市で発生した暴力事件。
在日朝鮮人や在日中国人が新潟県岩船郡保内村(現・村上市)内で起こした
坂町事件の記事を掲載したことで朝鮮人16人が新潟日報社を訪れ、
「誤報であったという声明を出せ」と脅迫と暴行。

あなたにオススメの記事

⇒ 河野外相が韓国が謝罪するまで政治交流断交を宣言…あまりに強気の外交に韓国が青ざめる…