口をすすぐ用途で使われ、
手軽に口を清潔に出来るマウスウォッシュですが、
実はそれ以外にもいろいろと使い方がありました。

今回はそんなマウスウォッシュの神すぎる効果を紹介します。



実はマウスウォッシュは初めは消毒剤として使われていました。

初めて開発されたのは1879年で
マウスウォッシュとして使われるようになったのは
1970年だというのでそれほど長い歴史があるわけではありません。

口をすすぐだけだと思っていたマウスウォッシュ。
以外とサイズが大きいので余ってしまって
使わなくなる・・・なんて人も多いのでは?

そんな方はいろいろな使い方を試してみてください。

マウスウォッシュの神すぎる効果10選

1.爪水虫の殺菌

爪水虫の殺菌にも効果を発揮します。
両足がすっぽりと入るくらいのおけにリステリンを入れ、
足の爪がかくれるくらいまでリステリンを入れます。

この中につま先を30分ほど浸しておくと
爪水虫の菌もキレイに殺菌してくれます。

爪水虫の薬は結構高額になると聞いたことがあります。
マウスウォッシュで対策が出来るならコスパも良くていいですね!

2.デオドラント

実は、マウスウォッシュを
体臭用の消臭剤として使うことができるんです。

デオドラントを切らしてしまったときには、
綿棒にマウスウォッシュを垂らし、
気になるところに塗ると匂いが気にならなくなります。

マウスウォッシュにはバクテリアの増殖を抑える働きがあるようです。

3.トイレの芳香剤

余ってしまったマウスウォッシュはトイレに流してしまいましょう。

そうすることでトイレの匂いを消して
爽やかな香りがするだけでなく、
バクテリアや菌を殺菌してくれるんです。

4.フケ予防

頭のフケが気になっている方は少量のマウスウォッシュで
シャンプーのように頭皮をマッサージしてみましょう!

これを行えばフケの解消だけでなく、
頭皮の菌や匂いを予防してくれたりとかなりすっきりしますよ!

マウスウォッシュは以前フケ防止用の薬剤として
推奨されていた時期があったとか。

ただ、お肌に合うかどうかは注意しておきたいところです。

5.歯ブラシの除菌

ちょっとキャップに残った分を使って
歯ブラシをなで洗いすると綺麗になります。

コップにマウスウォッシュを入れ、
歯ブラシの先端を一晩つけておけばしっかり除菌ができます。

6.切り花を長持ちさせる

切り花の水に入れると花を長持ちさせることができます。
4リットルの水に対して、小さじ2杯のリステリンが適量です。

7.虫さされにも

虫に刺された跡にマウスウォッシュを少量塗ってみましょう。

これだけでかゆみが押さえられるのでかきむしる心配がなくなります。
それだけでなく殺菌作用もあるんですよ!

8.ニキビケア

マウスウォッシュは殺菌作用がすごいということが魅力!
その殺菌作用で、ニキビを予防することもできるんです!
綿棒にマウスウォッシュをつけて肌に塗るだけで
ニキビ予防にもなるんだとか。

ただし、肌が弱い方は事前にパッチテストをしてください。

9.スクリーンの掃除にも

パソコンやテレビ、ケータイの画面に汚れが
こびりつくことがありますよね。

それもマウスウォッシュを含む布で拭くだけで
簡単に汚れを取ることができます。
特に油汚れには効果テキメンです。

10.ゴミの匂い消し

スプレーボトルに入れて、
シュッっとすれば臭いは根こそぎ消えます。

ペーパータオルに含ませて、
ゴミ箱の底に敷いておく手もあります。

ネットでの反応

・かゆみ止めには便利そう!

・ミント入ってるのは虫よけにもなるよね

・歯ブラシの除菌はいつもやってる

・デオドラントはこんどやってみよう

あなたにオススメの記事

⇒ 【驚愕】両手の親指に息を吹きかけてみて!ガチでトンデモナイことになります・・・