北朝鮮の売春婦の現実…ゴムなし、薬物乱用の売春ビジネスが話題に…

北朝鮮の売春婦の現実
ゴムなし、薬物乱用売春ビジネスが話題に…



スポンサーリンク

北朝鮮の売春婦の現実

ミサイル問題で緊迫する北朝鮮。
そんな北朝鮮の一部で売春を行う女性たちの姿も。
その内容があまりに酷いと話題になっています。

北朝鮮で行われている売春ビジネス

そんな現状を取材した記者によると
夜になると北朝鮮の恵山市駅前広場には
多くの売春を持ち掛ける女性や客引きが現れるそうです。

売春の1回の値段は中国元で20元(約300円)から30元(約450円)
客引きがいる場合には別途10元(約150円)を払います。

行為をするのは近所の民家や宿屋の一室で
男性はゴム無しでことに及ぶそうです。

「午後10時が過ぎると、水南(スナム)市場から道立劇場まで続く、
長さ約4キロの大通りの脇道の暗がりの中に女性たちがずらりと立ち並んでいます。

みな、体を売りにきた女性たちです。その数は数え切れないほどです。
価格は見た目と年齢で決まります。

一般的には、中国元50元(約750円)ですが、40代以上になると30元(約450円)、
若い女性は100元(約1500円)を受け取ることもあります。

価格交渉がまとまると、近所の一般住宅に入ります。
代金を取り、場所を貸す家も多いです。
男性によっては、ツマミと酒を持ち込んで、女性と一杯やる者もいます。
男性はコンドームは使いません」

ゴム無しの理由はそっちのほうが金額が高くなるからだと言います。

貧しいことで有名な北朝鮮ですが、
お米数キロ分の現金を得るために売春婦は
かなりのリスクを背負っているそうです。

性に対し保守的な北朝鮮では
コンドームの着用率が低いことで知られています。

WHOは北朝鮮における避妊具の普及率を69%としていますが、
インタビューした多くの男性のゴム着用率はゼロだったそう。

「妊娠した場合には、女性が処置をするだけです。

性病検査などはしないので、梅毒など、たくさんの性病が蔓延しています」

とのこと。

男性側も性病のリスクを理解しつつ売春に応じるのでしょうか。

性に対しての知識があまりないことから
男女共に「ゴム無しのリスク」がわからないのかもしれません。


スポンサーリンク

薬物乱用も・・・

さらに深刻なのが本来は恥じらいの多い北朝鮮の女性たちに
勇気をもたらす覚せい剤の蔓延だそうです。

「売春する女性の多くは、麻薬に酔った状態で道端に立ちます。『オルム(氷)』と呼ばれる麻薬(覚せい剤)は1グラム日本円で750円程度で買えます。

これを10回に分けて吸うんです。
こうすることで、夜通し通りに立つことができるようになるだけでなく、

見知らぬ男性の前での恥ずかしさも抑えることができるというのです」

ゴム無しといい、覚せい剤といい売春を行うにあたりリスクが大きすぎです。

しかし、北朝鮮では売春が職を持てない女性の
主要な収入源になっているのが現状です。

女子大生から主婦まで商売をする元手が無い女性にとっては、
唯一とも言える生計手段として完全に社会に根付いている様子です。

このような現状では悲惨な結末しか待ち受けていないと思いますが…。

北朝鮮には麻薬中毒患者のための施設などはなく、
社会主義無償医療システムも薬品はすべて市場で自前に入手しなければならないそうです。

性病か薬物中毒で倒れれば現金収入が絶たれ死ぬしかないようです。
身体をボロボロにしながら売春で稼ぐ北朝鮮の女性たち。

ミサイル開発資金より国のセーフティーネットと
雇用問題をなんとかしたほうがいいのではと思います。
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12210870/

ネットでの反応

・朝鮮民族って薬中売春が本業
日本からも追い出せ

・韓国だったら貧しくなくても売春するのに。

・売春と薬物で肥え太る南朝鮮人。
我が皇國に潜伏する5万人の売春婦を連れて帰れ在日朝鮮人よ。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 脱北者が語った北朝鮮の拷問!知られざる北朝鮮収容所の実態がエグすぎる…






スポンサーリンク