平安時代や江戸時代の性行為…
ちょっと刺激が強すぎると話題に…



生活と切っても切り離せない性行為。
現代における性行為は子供を作る行為であり
恋人とのコミニュケーションであり、
時として快楽を求める行為でもあります。

しかし、遥か昔の原始時代や戦国時代、
江戸時代にはどのような意味合いがあったのでしょうか。

現代の私たちにとってはちょっと刺激が強すぎるような
性行為の歴史を紹介します。

平安時代や江戸時代の性行為

本能のままの原始時代

裸ん坊でマンモスを追いかける原始人たちが存在した旧石器時代。
その頃は性行為は恥ずかしいことではありませんでした。

食べることや寝ることと同じで本能のまま行っていたそうです。

また、結婚の概念はなかったので特定のパートナーというものはなく、
強い男性なら相手はたくさん持つことができたそうです。
まだ、動物に近い感覚だったようです。

縄文時代は勉強の時代

現代人にとってとって理解がしにくく、
刺激が強すぎるのが縄文時代。

少しずつ性行為は恥ずかしいものという概念はできてきましたが
大切なパートナーと行うことという意識はまだなかったこの時代、
焚き火を囲んで集団で行うお祭りがあり、
人々は他の人のやり方を見てテクニックを覚えていったそうです。

平安時代には売春宿があった

平安時代は貧富の差が著しく、
女性に乱暴をする人も少なくなかった危険な時代。

この頃には売春宿がすでにあったそうです。

また、商品を手に入れるための物々交換が出来ない時には
身体で支払うこともあったそうです。

現代人からすると女性にとっては非常に辛い時代だったようです。

戦国時代〜は男性同士の愛が目立つように

戦国時代から江戸時代は男性同士の関係が目立つようになります。

その主な理由は男女比が7:3と圧倒的に男性の方が多かったことや
戦争前の女性との性行為は演技が悪いとされていたこと。

男性同士の愛の方が純愛であるとも言われていました。
織田信長と彼が可愛がっていた蘭丸との関係は有名ですね。

煌びやかな江戸時代

ドラマや映画でよく目にする江戸時代の文化については
知っている人も多いでしょう。

江戸時代の2大特徴と言えば
将軍に仕える女性集団「大奥」と巨大な風俗街「吉原」。

どちらを見てみても女性が好きでもない男性と
性行為をすることには変わりがありませんが、
それまでの時代に比べて選ばれて性行為をする女性の地位や
扱いは高いものだと考えられていたことがわかります。

この後、明治や昭和を経て、日本では1対1のパートナーを持つのが
一般的と考えられるようになり、
それと共に女性の地位が向上してきました。

そう考えると大好きな彼や夫とラブラブな性行為ができることは
とっても幸せなことなんですね。
性行為の時には沢山の愛を伝えあいたいものです。
引用:https://xtreeem.com/I0000616

あなたにオススメの記事

⇒ 江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる…今の時代では考えられない…