2日連続で同じパジャマ着てはいけない8つの理由…こんなに悪影響があるとは…

2日連続で同じパジャマ着てはいけない8つの理由
こんなに悪影響があるとは…


2日連続で同じパジャマ着てはいけない理由

パジャマは寝るときだけだからと洗うのが面倒になり
何日も同じものを着てしまいがちですね。

海外の記事の情報では世界的に見ると2週間くらい同じという人もいるんだとか・・・。

そんな中、パジャマを毎日交換するべき理由
ネットで話題になっているので紹介します。

1.ブドウ球菌が増えてしまう

人は皮膚に少量の細菌を持っています。

それは私たちが肌、鼻、口の中で拾ってしまう一般的な微生物なので
通常は影響がないと言われています。

しかし、同じパジャマを何度も繰り返し着用すると
ブドウ球菌が集まりはじめ、繁殖してしまうというのです。

最終的にこれらの菌は傷口などから皮膚の内部に入り
感染症を起こしてしまう可能性も…。

2.ニキビの原因になる

パジャマを交換しないとあらゆる種類の細菌、
油分、死んだ皮膚細胞が服に蓄積しはじめます。

そしてその塊は一晩中あなたの毛穴に押し付けられることに…。

そうして毛穴が埋められてしまうとニキビの原因になり、
皮脂のう胞の感染に繋がってしまうそう。

また、肌にいる可能性があるその他の細菌やウイルスも
吹き出物やのう胞から入り込んでくるのだとか。

2.ニキビの原因になる

ダニはどこにでもいる生物なので完全に除去する事はできません。

しかしダニが多く存在すると言われるベッド、布団、カーペットなどを掃除して
ダニの数を減らすことはできます。

ダニは人間の剥がれ落ちた皮膚を食べて生きているので
ベッドやパジャマを最高の住処としています。

ダニがパジャマを好む環境にさせないように毎日パジャマを変えるのが鉄則です。

4.体が臭くなる

シャワーを浴びて体を清潔に保っていれば悪臭になることはないでしょう。

つまりパジャマがきれいなのは大切なことなのです。

汚れたパジャマは寝ている間に汗を吸収し、
湿ったところで細菌が増殖しはじめ、悪臭を引き起こしてしまうのだとか・・・。

シャワーを浴びたのにそのあと汚れた服を着ていては意味がありません。
それは悪臭の原因にもなる細菌を呼び込んでいるようなものです。

5.朝目覚めた時に体が気持ち悪い

寝る前にシャワーを浴びたはずなのに
起きたときになんだか体が気持ち悪い感覚になることはありませんか?

それはパジャマが汚れているからかもしれません。

寝ている間にパジャマが汗などを吸収しており、
起きたときには既に汚いパジャマになっていますので
清潔な雰囲気が出ていないのは当たり前です。

6.寝つきが悪くなる原因に

清潔なパジャマで寝ることは深い眠りにつくことにつながります。

反対に汚れた状態だと体がかゆくなったりベタつきが感じられて快適ではないため、
寝つきが悪くなるでしょう。

寝ている間にダニを誘引すると呼吸に影響を与える可能性があり、
いびきとも関係するそうです。

7.ハウスダスト

汚れたパジャマを着ているとアレルギーを引き起こす可能性があります。

既にハウスダストのアレルギーを持っているのであれば
汚れたパジャマは症状を悪化させる原因になりますので
パジャマは1日で交換をしてください。

8.免疫力の低下

汚れたパジャマを着ることでブドウ球菌の攻撃を受けてしまい、
上気道の感染症やかゆみなどを引き起こす細菌の原因にもなりかねないのだとか・・・。

これらが体全体の免疫力を下げるきっかけにもなります。

汚れたパジャマを着るということは病気になる可能性を自らあげているということです。

ちょっと面倒くさいとパジャマを使いまわしたらこんな悪影響があるとは・・・
自ら病気になる可能性を上げてしまうということにつながっているんですね。
引用:https://www.littlethings.com/reason-to-change-your-pjs/

関連記事

⇒ 4歳の娘に砂糖を一切与えなかった結果…とんでもない変化が…