人懐っこすぎて警察犬を解雇された犬…名誉ある職務に抜擢されて才能を発揮しまくっていた…

人懐っこすぎて警察犬を解雇された犬
名誉ある職務に抜擢されて才能を発揮しまくっていた…



仕事に向き不向きがあるのは人間だけではないようです。
このほどオーストラリアで警察犬学校の訓練を積んできた犬が
警察犬として適性がないと判断を下されました。

しかし、この犬は大役を任せられる職に就くことになったことを
BBC Newsなどが伝えています。

今回は人懐っこすぎて警察犬を解雇された犬の
凄すぎる再就職先を紹介します。

人懐っこすぎて警察犬を解雇された犬

警察犬として働いていたジャーマンシェパードのガベル。
ある日、残念な知らせが届きました。

それは解雇通告

従順を通り過ぎ、あまりにも人懐っこ過ぎたガベルは
爆発物を探したり泥棒を捕またりする仕事に向いていないと判断されてしまったそう…。

なんでもすぐ人に懐いてしまうギャベルは
現場で友達を作ることばかりに夢中だったのだとか。

しかし、失意に暮れる日々は、そう長くは続きませんでした。
その愛嬌あふれる振る舞いと容姿を評価され、
新しい就職先で本来の才能を発揮しまくっていました。

再就職先で本来の才能を発揮

なんと彼はオーストラリア・クイーンズランド州知事室の公用犬という
大変名誉ある職務に抜擢されたのです。

晴れて新しい職場が決まったガベル。
訪問者を歓迎する義務などが記載された契約書にも
しっかりと「肉球印」を捺しました。

現在も日々の行事に出席し、自分の仕事を全うしている様子。

どうせ仕事をするなら自分に向いていて才能を発揮できる職場の方が良いに決まってます。
ガベルが適正にピッタリの仕事に就くことができて何よりです。

これからもクイーンズランド州の「要人」ならぬ「要犬」として
さらなる活躍が期待されますね。
引用:http://www.boredpanda.com/fired-friendly-police-dog-dinds-better-job-gavel/

関連記事

⇒ 黄色いリボンをつけてる犬に近寄ってはいけない…イエロードッグプロジェクトとは…