メキシコで信じられないほど残酷な虐待事件が起きました。
この事件はSNSに投稿された1枚の写真がきっかけで発覚。

愛犬家によって発見されたその写真には
青く染まった子犬が写っていました。


青いペンキをかけられて死亡した子犬

SNSに愛犬の写真を投稿して楽しむ方も多いかと思います。
しかし、この虐待犯は違っていました。

男はテリアの子犬と思われる犬を虐待した写真をSNSに投稿したのです。

しかも、男は子犬をアイスピックで刺したことも自慢げに書いていたため、
この男の異常性が感じられます。

SNSでカルロス・マヌエル・ヒメネスと名乗る男は
このテリアを「Muneca=人形」と呼び、
まるでぬいぐるみかのように扱い、青いペンキを全身にかけたのです。

しかしこのとき、まだ子犬は生きており、
投稿を見た愛犬家はすぐに証拠となる写真を保存しておきました。

愛犬家はその写真からメキシコ・ミチョアカン州モレリア市にある「倉庫」が
現場であることを突き止めます。

子犬を救出するも息絶えてしまった

愛犬家は現地に駆け付け、倉庫に捨てられていた子犬を救出しました。
すぐに動物病院に搬送したものの、子犬はペンキを飲まされており、
まもなく息を引き取ってしまったのです。

非力な子犬にこんな残虐な虐待行為をした男をなんとしても逮捕してほしい、
と愛犬家はインターネット上の嘆願書を作り署名活動を始めたところ、
16,000人もの署名が集まりました。

虐待写真を投稿した男はすでにSNSから犬の写真を削除していたものの、
愛犬家が保存しておいた写真は男の犯行を立証する証拠として十分でした。

署名に託された多くの人々の気持ちは警察を動かし、
男の行方を捜索し始めます。

情報提供者には報酬も

実はこのミチョアカン州は動物虐待事件が非常に多い土地であり、
動物愛護精神の教育が必要だと言われています。

今回の事件は動物への虐待行為でしたが、
それがいつ人間に向けられるかわかりません。

住民たちも残酷な行為を平気で行う人間の存在に怯えています。

この事件を起こした男の行方はまだ判っておらず、
警察は虐待され倉庫に捨てられた子犬の無念さを晴らし、
正義を貫くためにも犯人逮捕に全力を尽くしているそうです。

インターネットでは
“可哀想なブルー・ドッグ。そのむごたらしい虐待死を無駄にするな”

として、
「ミチョアカン州の忌まわしい現状にしっかりと目を向け、
隣同士の連携を大切に平和な町づくりを」

との呼びかけが続いている

日本でも決して少なくない動物虐待を考えると
メキシコの虐待事件は決して他人事ではありません。
動物虐待を行うのも動物を愛し守れるのも人間です。

残虐な事件を起こす人間を生み出さないためにも
動物愛護精神や命の教育を幼いころから
身に付ける必要があるのではないでしょうか。

この事件の犯人が逮捕され、
世界の人々の動物愛護精神が高まることを祈ります。
引用:http://metro.co.uk/2017/03/31/helpless-dog-painted-blue-and-stabbed-with-an-ice-pick-in-sick-animal-abuse-6545107/

ネットでの反応

・可哀想すぎて…コトバも出ません。
何で、そんな酷いことが出きるのか?
命の大事さ、重みをわからない人間は、人間でも生き物でもありません
ただのゴミ愚図以下ですよ

・遠い異国の狂人の仕業と思うが、涙が止まらない、なんてことをする、
人間の傲慢さが許せない、国内にも同類の卑劣漢は存在する。
なんとか連帯して彼ら、彼女らを守ってやりたいものです。
野良でも何でも生きる権利は有るはず、
危害を加える訳でも無い非力な彼ら彼女らをどうして、絶句、只、涙

・動物だって意思はあるし動くし生きている。
人間と同じようなものだ。
その命を軽く見て遊ぶ感覚で殺したりする最低な人間を見るとイライラする。

あなたにオススメの記事

⇒ 育児放棄で骨と皮だけになった15歳少年…児童虐待の悲惨さに想像を絶する…