不倫ではなくセカンドパートナー…
新しい男女関係の定義に疑問の声…




芸能人の不倫スキャンダルが度々テレビをにぎわせている昨今ですが、
今、セカンドパートナーという言葉が話題となっています。

セカンドパートナーとは既婚者が配偶者以外の人と体の関係を持たずに
愛を深めていく関係なんだそうです。

不倫をするくらいなら
プラトニックに関係を深めていった方がリスクも少なく、
有意義な人生を送ることが出来るという考えなんだそうです。

今回紹介するのはTwitterユーザーの
キモウォタキ(@zako_wotaki)さんの投稿です。

投稿者さんはテレビでセカンドパートナーを取り上げているのを見て「は?」と疑問に思ったんだそうです。

不倫ではなくセカンドパートナー

引用:https://twitter.com/zako_wotaki/status/1068692618706472960

確かに身体の関係はない以上、
不倫ではないのかもしれませんが、
配偶者にセカンドパートナーを作られた側からすると
不倫と同じようにしか思えませんよね・・・

過去にはソフレやオフレ、キスフレなど
ある一定の男女関係を指す言葉がありましたが…

ネット上でもセカンドパートナーという
新しい男女関係に対して疑問の声が多く見られました。

キスまでなら不貞行為に含まれないから不倫ではない
ということなのでしょうか・・・?

個人的には不倫を綺麗に言い換えただけにしか感じません。

ネットでの反応

・友達とか親友とかじゃあダメなの?
これって不倫相手という言葉を綺麗な言葉で
表したように感じるんだけど

・これが通用するなら宮迫もセカンドパートナーって言ってた

・メディアまで不倫を正当化すんなや

あなたにオススメの記事

⇒ 不倫しがちな女性の特徴…なんかわかるわぁ!とネットで話題に…