セックスボランティアの仕事…
障害者の性処理は介護なのか風俗なのか?




「暗闇から手をのばせ」という映画をご存知でしょうか。

この映画はゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013で
オフシアター部門のグランプリに選ばれた作品ですが
その内容があまりにもタブーに触れすぎていたため
宣伝もされず、ミニシアターで密かに上映されていた問題作です。

この作品のテーマは障害者の性。

障害者専門のデリヘル嬢と手足が不自由な障害者との
心の交流が描かれています。

実際に障害者向け風俗というジャンルは存在します。
しかし、なかなかうまく運営できないという状況にあるそうです。

また、風俗ではない射精の介助という介護ボランティアも実在します。

今回はそんな障害者の性処理事情について紹介します。

セックスボランティアの仕事

脳性麻痺や筋ジストロフィーなどの病気で手足の自由がきかない障害者のために
射精の介助をすることをセックスボランティアやセックスヘルパーと言います。

射精介助とは重度身体障害者の自宅をヘルパーが訪ね、
介護用手袋をした手で性器をきれいに洗います。

その後、手で刺激を与えて射精に導くことを言います。

障害者の気持ちを考慮して殆ど女性ヘルパーが派遣されるため、
現状では風俗営業の許可が必要ですが
ヘルパー側としては介護の一環にすぎません。

障害者にも性欲があり、性的に機能が可能なのは当たり前ですが
社会はそのことを見ようとはしません。

そのため、こうした重度の障害者に対して介護や看護を担当していた女性が
性的問題に直面しては困惑し、
ケースによっては処理せざるを得ない事もありました。

障害者の性処理は介護なのか風俗なのか?

「それって介護じゃなくて風俗でしょ?
デリヘルなどの風俗を活用すべきなんじゃないの?」

そう考える人も多いかもしれません。

だが、障害者相手の風俗は問題が多く存在するため、
なかなか成り立ちにくいようです。

人によって障害の程度は違いますし、
知識のない風俗嬢がうまく対応出来ずに
お互いを傷つけてしまう可能性もあるそうです。

例えば言葉が話せない障害者ときちんとコミュニケーションが取れなかったり、
特殊な医療器具を装着するための知識が必要であったり、
行為後に大人用オムツを処理しなければならなかったりと
介護的スキルや知識が必要なため、
一般の風俗嬢には障害者の相手はハードルが高すぎます。

そして、重度の障害者は収入も少なく、
風俗にお金を使うことはなかなか出来ません。

さらに、障害者が家にデリヘルを呼ぶという状況は
身動きの取れない障害者にとってリスクが高く、
何をsれてもどうしようもないという危険と隣り合わせなのです。

前述した映画「闇から手をのばせ」の監督が

「障害者の抱える性の問題を
全て書ききることは不可能だからさわりだけ描いた」

と語るほどに根の深い問題なのです。

日本には現在、18際以上の在宅身体障害者が349万人います。

彼らの多くは身体は不自由ですが
健常者と変わらない知能と心を持っています。

障害者の性処理は風俗に当たるのか否か?
なかなか答えの出ない問題なのかもしれません。

ネットでの反応

・風俗は楽しむもの
性処理介護は仕方なくあるもの
よって風俗ではない

・凄い仕事だけど人間の性に関することだから大切な事であり、
それを見た目だけで判断するのは良くないと思う。
少なくとも、僕はそう思う!

あなたにオススメの記事

⇒ 19世紀の見世物小屋で働いてた人達…トラウマになりそう(閲覧注意)…