夢に出てくる謎の男「This Man」…世にも奇妙な物語の企画サイトが怖すぎ…

夢に出てくる謎の男「This Man」
世にも奇妙な物語企画サイトが怖すぎ…


夢に出てくる謎の男
「This Man」とは

人々の夢の中に現れるという不気味すぎる男「This Man」。
一時期都市伝説として有名になりましたがご存知でしょうか。

今回、この「This man」を4月29日(土・祝)放送の
世にも奇妙な物語 ’17春の特別編』で中条あやみさんを主演に迎え、
「夢男」というタイトルでドラマ化されることが発表されました。

しかし、この不気味な「This man」いったい何なのでしょうか。
実はこんな都市伝説があったのです。

事の発端はアメリカ、ニューヨークでのこと。

2006年にある女性が精神科を訪れた。

その理由が夢の中に変な男がずっと出てくるというもの。

そこで精神科医とその女性はモンタージュを作成した。

その際、描かれた男というのが下記画像の男の顔だった。

さらにその数日後、
今度は別の男性患者が病院を訪れ先の女性と似た話をし、
モンタージュを描くと先日の女性が描いた男とそっくりということが判明。

この現象に興味を感じた精神科医はモンタージュを同僚の医師たちに送ったところ、
他に4人の患者が同様のモンタージュを描いたという。

そこでこの画像をネットで公表し、世界各国に公表した。

するとそのネットで公表された画像を夢の中で見たという人間が
世界のあらゆる場所にいたのだ。

イギリス、スペイン、中国、ブラジル、更には日本まで。

ありとあらゆる国の人がこの男を夢で見た!と言い出したのだ。
その数、なんと、3000人超え

その登場の仕方は様々。
日常的な描写や、恐ろしいもの、恋愛ものなどなど。
では、なぜこんなことが起こっているのか。

それにはある恐ろしい都市伝説が語られているのだ。
それがある組織による夢の操作

既に知っている人も多いと思うが
人間の脳みそというのは全て電気信号によって操作されている。

言ってしまうなら怒りや悲しみなども全てただの電気信号によるもの。
そして、それは当然どういった夢を見るかというのも同じ。

つまり、夢を操作することは現実的に可能なのだ。

かなり不気味な話ですね…
都市伝説ですからね!!笑

そんな「The man」を今回映像化する世にも奇妙な物語ですが、
企画サイトが怖いと話題になっています!!!

世にも奇妙な物語の企画サイトが怖すぎ…

今回、世にも奇妙な物語で「夢男」として
中条あやみさんが主演でショートドラマをするわけですが
「This man」が話題になりすぎて、世にも奇妙な物語の公式動画の中でも
奇妙なまとめ」としてなんとThis man特設ページが設けられました!

そのサイトURLがこちら。
The manの企画サイト

実際に見るのが怖いと言う人向けに、
youtubeでそのサイトがどうなっているのかを動画としてアップしてる方がいました。

※ネタバレとなりますので、
実際ページを見たい人は注意してください。

「This Man」のまとめサイトに投稿されている目撃情報の数々を経て、
最下部にスクロールすると一つの動画が目につく。

そしてついに正体が判明する動画が?」と説明されている動画を再生すると……
その結末は是非自分の目で確かめてみてほしい。

最終的なネタばらしだけしておくと、
最後にはお馴染みのあのメロディが流れて番組とのコラボだったことが判明する。

力入りすぎなこの企画。
ドラマがますます楽しみになりますね!!

関連記事

⇒ 世にも奇妙な「まぼろし博覧会」…入場から5分で精神が崩壊するらしい…