TOKIOの過去…ボーカルは長瀬でなく、幻のメンバーがいた!

TOKIOに「幻のメンバー」がいた!
当初は長瀬智也がボーカルではなかったようで…

その幻のボーカルとは・・・


TOKIOに幻のメンバーがいた

SMAPが解散し、ジャニーズで少年隊につぐ古参グループとなるのがTOKIO。
デビュー23年目突入で、ある意味、長兄ユニットになるわけですね。

ジャニーズでは珍しい本格ロックバンドの活動だけでなく、
鉄腕DASHを始めとする数々のバラエティでも活躍しています。

彼らが、現在の地位を築き上げるまでの道のりは険しく、
まさに苦難の連続でした。

その23年の歴史の中で、
実はTOKIOにもSMAPでいう森且行のように「幻のメンバー」がいました。

TOKIOの「幻のメンバー」は小島啓さんです。

1992年、TOKIOが新ユニットとしてアイドル雑誌に登場し始めた頃、
小島啓は今の長瀬智也のようなポジションにいました。

当初のメンバーは、城島茂、松岡昌宏、山口達也、国分太一に小島啓という
5人編成だったのです。

その後、最年少15歳の長瀬智也がサポートメンバーとなりました。

翌93年にはアイドル雑誌の表紙の常連になりましたが、
当時はテレビ・ライブ以外の活動は、
長瀬を除く5人での活動が多かったのです。

翌94年1月には、全国7カ所、23公演のファーストライブツアー、
3月には3都市12公演を成功させています。

そして5月15日にはジャニーズタレント史上初にして、
TOKIOだけしか達成していない記録をつくりました。

TOKIOが達成した前人未到の記録

大阪松竹座で、なんと1日10公演を行ったのです。
朝から晩までの超ハードなステージスケジュールでした。

現在、「ザ!鉄腕!DASH!!」で彼らが見せているガッツは
この伝説の松竹座公演で育まれたのかもしれません。

この前人未到のライブでメインボーカルを務めたのが小島啓さんでした。

歌手デビュー後のセンターポジションも小島啓で決まりだと思われていました。
そして、松竹座からおよそ2ヶ月後、デビューの記者会見が開催されました。

すると驚くことにその場に小島啓の姿はなく
タンバリンを担当していた長瀬智也がボーカルとして紹介されたのです。

TOKIOはメジャーデビュー前にも精力的にライブを行っていて、
着実にファンも増えており、満を持してのメジャーデビュー前に
ボーカルが交代という出来事が起こり、さぞかし驚いたことだと思います。

ジャニーズグループのメンバー編成やグループ名は、
すべてジャニー喜多川社長の独断です。
小島が消え、長瀬が大抜擢された理由はなんだったのでしょうか。

小島啓の脱退理由

小島啓の脱退理由は色々ありますが、明確にはされていません。

一節には、TOKIOメンバーとのそりが合わなかったことや
長瀬を中心に据えたほうが売れると踏んだ事務所によって解雇されたとも、
「◯歳までにデビューする」という親との約束の期限が来たからとも言われている。

表向きの説として有力なのがパイロットになるためにアメリカ留学するからというもの。

メジャーデビュー前の事だったため、
存在もあまり知られていないというのが実情です。

ネットでの反応

・小島誰それ?本当に知ってる人いるの?

・ジャニーの判断は凄いな
見た目に花がなかったから

あなたにオススメの記事

⇒ 過去にジャニーズをクビになった芸能人。まさかのあの人も…