高齢者の男性が電車のドアが閉まるのを何度も邪魔する迷惑行為…
まさに老害だと話題に…


高齢者の男性が電車のドアが閉まるのを何度も邪魔する迷惑行為

とある鉄道での駅での動画がSNSで拡散され、
話題になっています。

高齢者の男性が、電車のドアが閉まるのを何度も邪魔し、
電車の出発を遅らせていたのです。

駅員も駆けつけ、注意しているのですが、
それでも一向に迷惑行為をやめませんでした。

この老人の行動はかなり不可解ですね。
何度もドアに手を挟み出発を遅らせています。

迷惑行為がされた路線

老人が出発を妨害したのは名古屋市営地下鉄東山線です。
この老人の妨害行為で名古屋市営地下鉄東山線は1分ほど遅延したようです。

本当に不可解なこの行動ですが、
なぜこのような妨害行為を行ったのか理由を知りたいものです。

電車を遅らせる行為は多くの人に迷惑がかかります。
自己中心的な行動は公共交通機関では特に控えて頂きたいですね。

ネットでの反応

・こういう場合、中の乗客が奥へ引きずりこむか、
押し出しても良いって規則作って欲しいですね。
まぁ、業務妨害なので逮捕で良いかと。

・安全運行の妨害行為という理由で鉄道警察に連れて行かれないのが不思議。

・これは妨害ですね歳とか関係なしにやってる事が悪意を感じます。
他人の迷惑を少しは思った方がいいと思いますね
後ろのお兄さんは1度は止めようとした事はとても素晴らしいと思います。

・電車出発を遅らせる行為って想像以上に迷惑なことに気づかないといけない。
この動画はたかが1分だけど例えばこの電車に1000人乗ってたとしたら
他人の生活1000分奪ったことになるからね。
迷惑被ってんの乗車してる人だけじゃないし。
だから皆さんも駆け込み乗車やめましょう。

あなたにオススメの記事

⇒ バスの中で言葉の暴力を受けた…その時、運転手さんがとった行動に涙が止まらない…