信越線電車、大雪で15時間もの間立ち往生。
メディアは一斉にJRを批判!
しかし実際乗っていた乗客はJR職員に対して感謝のコメントを公開した!



JR信越線の新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が1月11日夜、
大雪のため新潟県三条市の踏切付近で走行不能になり、
乗客約430人が15時間もの間車内に閉じ込められました。

これに対して各メディアはJRに対して対応の遅さなどを理由に
一斉に批判したのでした。

その報道を受ける側の私たちは、JR職員たちに憤りを感じたが、
実際の様子はメディアが報道したものとは違っていたのでした。

その様子を乗っていた乗客がTwitterにツイート。

その内容とは、JR職員に対する感謝のツイートだったのです!

ネットでの反応

・貴方みたいな方がいらっしゃるととてもありがたいです。(何様
ニュースや新聞は本当に
厳しすぎます。JRの人々の努力も取材してほしいもの

・長時間での車内缶詰は、さぞかしお疲れかと思います。
貴方の意見を聞くまで、もう少し列車を動かせたらと思ったのですが、
色々とあったのですね。

・運行の規定は守らなくてはならないので
この気象条件ではお客を安易に下ろす事は出来ないのと、
運転士も見通しの立たない状況で困っていたと思います。
自分は別のところで1時間半立ち往生しましたが、
お客さんも運転手もよく頑張ったなと思います。
こんな一面を知る事が出来た良いツイートですね。

・当たり前のことだけれども、
お客に対しての熱心さ、
乗務員のプロフェッショナル魂がよく綴れていると思います。
この度はお疲れさまでした。

・ニュースを通してだけですが一人線路で
雪かきを懸命にする乗務員の姿をみて涙がでました。
乗車していた皆様にも同じ気持ちの方がたくさんおられたことを知り
また涙がでました。ツイート感謝します。

すぐさまJRを批判したマスメディアは如何なものか?
報道を受ける私たちは何を信用したらいいのか・・

報道の自由を履き違えず、真実を報道してもらいたいと
強く思わずにはいられませんでした。

あなたにオススメの記事

⇒ 優先席で視覚障がい者が携帯電話を使う理由…女子中学生の訴えに考えさせられる…