月に29万円の生活保護でも生活できない?異常すぎる生活保護の実態

月29万円の生活保護でも苦しい?
生活保護を月29万円もらって文句を言う女性に批判殺到!!

その実態は異常なものでした・・・


生活保護を月29万円もらって文句言う女性に批判殺到

夫と離婚し、中2の長女と小5の長男と3人で
借家暮らしをしている41歳の母親との母子家庭。

養育費はもらっておらず
長女が不登校ぎみで働きに出られないため

3人で月に29万円ほどの生活保護費をもらっているようです。
しかし、生活が厳しいと文句を言っている姿に批判が殺到しました。

生活保護費月29万円の使い道とは・・・

ある月の家計簿を見ると以下となります。

・家賃 54,000円
・食費 43,000円
・電気代 5200円
・ガス代 8300円
・水道代 0円
携帯電話代 26,000円
・固定電話料金 2000円
・おやつ代 7000円
・外食費 2000円
・日用品 37,000円
・灯油代 4000円※石油ストーブなど含む
・交通費 1000円
・医療費 2700円※市販の風邪薬
被服費 20,000円
交際費 11,000円
娯楽・習い事費 40,000円※主に子供の習い事
・学校関係費 13000円
・残高 15,380円

ざっと見てもおかしな点がいくつもあります。

家賃は5万4000円でその次に目立つのが
習い事などの娯楽費に4万円。
長女は体操、長男は野球をやってるからだそう。

そして被服費が2万円、交際費が1万1000円の出費。
さらに、携帯電話代は2万6000円。

子どもの携帯解約での違約金や自分の働き先探しにかかったそうですが
そもそも中学生に携帯が必要だったのかという疑問も。

また固定電話代も2000円かかっています。
食費は1日1500円以下に切り詰めて月に4万3000円だが、

おやつ代は別で7000円。つまり合計5万円。

記事では「1万5380円が手元に残った」となっていますが、
29万円から考えると他のに数万円使っている計算に。

水道光熱費がかかるとしても一体何に使っているのか?

朝日新聞は母親のケースを「貧困」として報じたものの、
ネットでは逆にもらいすぎと批判が噴出!

「携帯と娯楽習い事は半分以下にできるだろ 交際費って何?飲み代?w」

「季節の変わり目はわかるけど、毎月2万円も衣装必要なの」

「残り1万5000って1万5000は下げてもいいですよってことじゃねーの?」

手取りで月29万円は税込み年収では400万円以上の水準です。

しかも生活保護を受けている人は医療費が無料になるため
年収400万円の人よりも生活が楽と言われています。

必死に働いて生活保護を受けずに育てている母子家庭の方もいらっしゃいます。

育ち盛りの子どもが2人もいてはお金がかかるのも理解できますが、
これで足りないとか言われるのは困りますね。

いくら大切な子どもだとしても生活が辛いために入った生活保護なのですから
習い事や娯楽を少し抑えるべきなのではないでしょうか。

ネットでの反応

・うちも母子家庭だけど、そんなにもらえるものなの!?

・生活保護で働かずにして29万もらえるならそっちがいい

・信じ難いわ 生活保護の実態って本当にこれなの?

・貰いすぎ。節約が下手。

働けずに貰えるお金だからと言って
全て使かおうとせずに少しずつ貯めて
自分で働けるような努力をするべきかと思います。

このような生活保護受給者を管理して行く必要がありますね。

関連記事

⇒ 生活保護の衝撃の実態…月1回ディズニーランドに行く受給者が話題に