入浴中の嫁の携帯に係長から電話…
嫌な予感がしたので興信所に調べてもらった結果…


入浴中の嫁の携帯に係長から電話

23歳で結婚したと言うある男性。

順風満帆な結婚生活を送るなか
ある衝撃の出来事が起こったと言います。

それは結婚四年目で男性が27歳、奥さんが27歳の頃。
ある日奥さんがお風呂に入っていた時、携帯が鳴りました。

ディスプレイには係長の文字が出ていたので、
男性は奥さんに「会社から連絡っぽいよ」と伝えました。

すると風呂場から「代わりにとってー」と返事が。

そして男性が電話にでると…

係長「あー嫁ちゃーん?俺俺ー」

男性「すいません、嫁は入浴中で…折り返しご連絡させますので…」

係長「あ…サーセン」

その後お風呂から上がって携帯を見た奥さん。
顔が一変したのを男性は見逃しませんでした。

奥さんの浮気が発覚

何か隠し事してると確信した男性は翌日興信所へ行くことに。

二ヶ月かけて、分かった結果は黒。

会社の正社員とラブホテルへ入り浸り、
ボイスレコーダーには

旦那マジつまんない、離婚したい

などの会話が残されていました。

それから2ヶ月後、嫁に手紙を出し、
手紙の内容の準備が出来たらメールしてと連絡。

手紙の内容は

間男と嫁揃って自分に会うこと。
その際に婚姻届と離婚届とハンコ持ってくること。
手紙を読んだら間男とは直接会う以外はメールのみの連絡にすること。
またこれ以降のメールは一切消去しないこと。
嘘偽りは許さない。ただそれだけ。

夜になって手紙を見た奥さんからは着信の嵐。
そして3日後、浮気相手と奥さんと会う事に。

男性は晴れて離婚成立し、
間男に慰謝料300万円を請求しました。

しかしお金がないと理由から
慰謝料をもらうことができませんでした。

それから一年後、奥さんから男性と再婚し、
子供が生まれと3人の写真付きメールが届きました。

最終的に1人になったのは?

結局、慰謝料ももらえず
俺だけが馬鹿にされたような気分だった男性は
興信所から受け取っていた間男のもう一つの秘密を突きつけました。

それは奥さんと同時期に40代の女性とも交際していたと言う証拠。

その事実が発覚してから2人の関係がギクシャクし、
男性は行方不明になったとのこと。

男性には新しい彼女ができ幸せな生活を送っているそうですが、
結局奥さんは今もまだ男性と住んでいたマンションに住み、
間男との離婚届も出さず、育児と仕事の毎日だといいます。

二兎を追う者は一兎をも得ずとはまさにこのことですね。

あなたにオススメの記事

⇒ 妻と浮気相手の男を投げ落とした落とし穴…3年後にその場所を訪れると…