仮病なのにレントゲンを見た医者が青ざめた。
嘘なのに死ぬ手前って…


小学校を仮病でさぼった結果

ある人の小学生の頃のお話。

なんとなく「学校行くのめんどくさい~休みたい」
ってなる時って誰でもあると思うんですよね。

そんな時、私は「頭が死ぬ程痛いから今日休む」と母に仮病を使いました。

ちょくちょくこんな手を使ってたので母は
「また仮病でしょ!行きなさい!」と怒られましたが、
それでもグズグズ言う私に母は「じゃあ休むなら病院だからね!」と言われ、
「よっしゃ休める!」と喜びに震えました。

そして母に宣言通り病院に連れて行かれました。
向かっている間に「もしもなんともないって言われたら1ヶ月おやつ抜き、
トイレ掃除だからね!」と言われ泣いたのを覚えてます…

病院に着き診察室に入りました。
ハゲてるけど優しそうなおじさん先生。

ここの病院はすごく丁寧に診てくれるってのでかなり有名な病院です。
なので母が「頭が死ぬ程痛いらしいです」と言うと
「じゃあ念の為レントゲン撮りましょう」と言われ、
レントゲンを撮ったのです。

この時、母が言ってくれていなかったら…
先生が丁寧に診てくれなかったら…
今どうなっていたかわかりません・・・

危機一髪!レントゲンが…

レントゲンの撮影が終わり、
待合室でポケモンの漫画を読んでいると
血相を変えた看護師さんと先生が飛んできたのです。

「今すぐ救急車で大学病院に行きます!急いで!」と言われ、
わけもわからず私は担架に乗せられ救急車へ。
母もポカンとしつつ救急車につめられました。

その後、救急車で向かった先でまぁ、いろいろありまして・・・

結果から言うと脳にほぼ拳大の腫瘍があったのです。
すぐに手術してもらって私は無事だったのですけど、
麻酔が切れて目が覚めたら母に土下座されたのには驚きましたw

母に「仮病だと思って信じてなくてすまなかった。
お前がこんなに辛い思いをしてたのに気付かないなんて親失格だ!」
そう泣いて謝られました。

私は今だにあの時頭痛いと言ったのが仮病だったと言えてないです。
あんな風に謝られたら、とてもじゃないけど言えないですわ。

今は、ほんの少しだけ右腕に痺れがあるけど、
日常生活に支障があるほどではなく普通に生活出来てます。
ペンや箸も握れるし重い物も平気で持てます。

ほんと偶然に偶然が重なってよかったと思ってます。
あのまま気付かなかったら確実に死んでたらしいので…

あの時、学校サボろうと思ってよかった。
仮病したほうがいいときもあるってことで!(笑)

ネットでの反応

・そんなことあるんだ…ほんとよかった

・わたし学校仮病で休んでも、病院行ったことないや。母親にも感謝だね。

・そんな腫瘍があって痛みないってすごい…

・仮病もありってことだなw

恐ろしいですね。
もし仮病で病院に行ってなかったら・・・
奇跡ですね。

あなたにオススメの記事

⇒ 子供の頃に盲腸で死にかけた体験談。手術後、麻酔から目覚めると…