アメリカで流行している新種のドラッグ「フラッカ」
このドラッグを使用すると意味不明なうめき声をあげながら暴れるようになり、
その様子はまるでゾンビのよう。

新たな「デス・ドラッグ」として問題になっています。


新たなデス・ドラッグが広まる

この動画の女性は「フラッカ」と呼ばれる麻薬を摂取したとみられている。
フラッカはゾンビを生み出す麻薬としてアメリカで恐れられています。

フラッカは非常に毒性が強く、
意図的に持続性と中毒性を高めている合成麻薬。

この麻薬の摂取によって数十人の死者が出ている。

ゾンビを生み出すドラッグ「フラッカ」

フラッカは、スペイン語の俗語で「美しい女性」の意味。
粉末を口の中で溶かして飲むほかパイプによる吸引などによって摂取します。

中枢神経に強い興奮作用をもたらす「α-PVP」が主成分。
α-PVPは日本の厚生労働省も「麻薬指定」してます。

アメリカにおいて1回の使用量であれば370円程度で入手可能
従来のドラッグと比べて格段に安く取引されているようです。

フラッカはインターネットを通じて
1キロ当たり1500ドル(約18万5000円)で購入できます。
これはコカインの15分の1以下の値段。

その安さゆえに5ドル(約600円)の狂気とも呼ばれるフラッカは
中国で製造されており、化学的には危険ドラッグと似ている。

摂取した人間は異常行動を起こす

摂取後、短時間でひどい妄想や幻覚症状が現れます。

銃で狙われる幻覚や大勢の人に襲われる幻覚をみるので
興奮状態で逃げるように街中を走り回ったりします

走っている車に飛び込むことや最終的には他人に危害を加えることもあります。
急に殴りかかったり人の肉を食べようとすることもあるらしい。

フラッカは他の麻薬より、相当効き目が強く
薬の影響で身体が麻痺しているのか、スタンガンが全く効かず
4人がかりで服用者を取り押さえたケースもあるそうだ。

長い場合2週間以上幻覚症状が続き、精神障害を生じ、
体温が40度以上にまで上昇することもあります。

フラッカは

「ドラッグ(薬物)というより毒だ」

とまで言われている。

製造元は中国

ロイター通信によると大半のフラッカは中国の会社から
「研究用化学物質」などとして空輸便で米国の受け取り先に送付される。

その後はインターネットのほか、
ガソリンスタンドや路上などで密売人によって販売されている。

さらに、DEAは訴追された男らが所持していたフラッカは「中国からのもの」と発表した。
これまでの米中協議の中でフラッカの問題を取り上げたことがあるとも報じている。

広まってはいけない薬物

幸いにもフラッカは、日本では流通していない様子。

アメリカ・フロリダ州で一時期蔓延していたが、
最近はそれも落ち着いている模様。

ぜひとも日本でも他国でも、広まらないまま終わってほしいものです。

ネットでの反応

・ホラー映画だな 怖すぎ

・グリーンインフェルノって映画のワンシーンにこんなのあったなぁ。
人食い村で麻薬たいて、村人ラリってる間に逃げようとしたのに、
副作用の食欲旺盛になる効果でかじられちゃうってやつ
日本だとパットしなかったけど、海外だとその薬を知ってるから理解しやすいのかぁ

・これで感染とかなったらやばいですねw
違う戦争始まっちゃいますよね

あなたにオススメの記事

⇒ 19世紀の見世物小屋で働いてた人達…トラウマになりそう(閲覧注意)…