自閉症の弟を馬鹿にする小学生…
そのとき放った兄の言葉が胸につき刺さる…



我が家は6歳と4歳の男の子ふたり。
弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。

今日の夕方、兄弟で社宅の公園で遊んでいたら、
小学生くらいの子が、

「お前の弟、○○園に行ってんだろ。
あそこはできない子が行く幼稚園だってママが言ってた。
チョー恥ずかしいの!」

とからかった。

私は一瞬頭の中が真っ白になった。
だけど上の子は涼しい顔で言い返した。

「はずかしいっていうのはね、小さい子をいじめたり、
ごはんをそまつにしたり、うそをついたりすることなの。

○○園でがんばるのは、はずかしくないの」

そう返したのだ。

ゴメン、母は泣きそうになった。
お兄ちゃん、ずっと仲良しの兄弟でいてね。

悪口を言った小学生の母親みたいな親がいることがとても残念です。

健常者よりも遥かに優れた才能をもった障がい者はたくさんいます。
障がいだって一つの個性ですよね。自閉症の弟を馬鹿にする小学生…
そのとき放った兄の言葉が胸につき刺さる…

一人ひとりがその個性を尊重できる温かい社会になりますように!

ネットでの反応

・自分は健常者だと思い込んでる心の障害者がこの世の中で一番いらないゴミだと思う

・親がダメな奴だから子供もまた悪くなり、そのまた子供が成長して大人になり結婚し、
子供産んだら同じような事をするかもしれない。
まさに負の連鎖って奴だな。人の気持ちも考えられない人間が多すぎる。
もし自分が自閉症の人の立場になったらとか考えられないのかな?

・障害というのは神が与えてくれるその人だけが越えられる試練だと
日本以外のアメリアなどでは教えられてます。
神に認められた子だと思えば障害なんて怖くない。
遠回りしたっていいと思う。その子が幸せを感じられたら

あなたにオススメの記事

⇒ 障害者手帳を印籠のように見せたオバサン→席を譲った青年は下車するとき、カバンからあるものを取り出しオバサンに見せた…