本当にあった復讐殺人ベナベンテ事件…衝撃の結末に賛否両論…

本当にあった復讐殺人ベナベンテ事件
衝撃の結末に賛否両論…


ベナベンテ事件とは

1992年、その事件はスペインで発生した。
最初の犠牲者は休暇にやって来た若い女教師だった。

彼女は突然、男に車の中に引きずりこまれ
目隠しをされた状態で町はずれの農場小屋に連れ込まれてしまう。

彼女は小屋の中で全裸にされ、
剃刀で下腹部と太腿をずたずたに切り裂かれ
男に強姦された。

血を流し痛みと恐怖で泣きわめく彼女に対し、
満足した男は彼女をそのまま小屋に置き去りにして去っていった

数時間後、低空飛行で巡回中だったヘリコプターのパイロットが
血まみれで岩場をよじ登っている全裸の女を発見する。

ヘリコプターを着陸させパイロットが近づこうとすると
女性は犯人が戻ってきたと勘違いしたのか
恐慌状態に陥り、錯乱してしまう。

パイロットは数時間かけてなんとか彼女を説得し落ち着かせると、
保護して病院に輸送した。

これが恐怖の事件の幕開けであった。

第二の事件

数日後、自宅の庭で鶏に餌をやっていた主婦が襲われた。
彼女は鶏小屋の中の支柱に針金で縛りつけられ、服を剥ぎ取られ、
剃刀で太腿と下腹をめちゃめちゃに切り裂かれた上で、レイプされた。

さらに彼女の肛門にほうきの柄を突っ込み、
移植ゴテを膣の中に付け根の部分まで深々と突き立てたまま逃走した。

約1時間後、帰宅してきた夫に発見されて彼女は病院へと搬送される。
出血がひどく輸血でようやく命をとりとめたが、
性器は4度に渡って手術しなければならないくらいに傷ついていた

やはり目隠しをされたので犯人の顔は見ていないという。

第三の事件

さらに10日後、第三の事件が起きた。
就職して2日目の16歳の少女が帰宅途中に誘拐され、
道路端の道具倉庫に放りこまれた。

彼女も太腿と腹をずたずたにされ手ひどくレイプされる。

犯人はその後、彼女の膣と肛門に石をいくつも詰めこみ、
腹や背中を殴ったらしい。

肝臓が破裂し乳首は片方切り落とされていた

犯人特定

たまたま捜査員に毛髪と繊維の分析を専門にしていた
凄腕の法医学者がいた。

彼は事件現場から犯人の毛髪と服の繊維を採取
そこからコロンを特定した。

また犯人は喘息持ちであることも明らかにする。

捜査員は地元の薬局をまわり、
法医学者の作成したプロファイルに一致する喘息持ちの男を探した。

捜査2日目で容疑者はスピード逮捕された。
農場で一人暮らしをするマニュエル・ベナベンテという孤独な男だった。

ベナベンテが留置所に拘置されて3時間後、弁護士が到着する。

弁護士は面会のため監房に入り、
ドアに鍵がかけられた直後、悲鳴が聞こえた。

血の粛正

担当警官が慌てて房に駆けつけ、ドアを開けると
ベナベンテは喉を耳から耳まで切り裂かれ
ひゅうひゅうと息の漏れる音をさせながら床でのたうちまわっている。

呆然と立っている警官に歩み寄り、
血まみれの弁護士は剃刀を手渡した。

ほどなくベナベンテは息絶えた。

この弁護士は第3番目の被害者である少女の叔父だった。

「かわいい姪があんなひどい目にあわされてからずっと、
犯人を殺してやりたいと思っていました。
弁護の依頼が来たときは自分の幸運が信じられなかった」

と彼は供述した。

裁判所は彼を完全に正常と診断した上で

「彼は姪の身に起こった不幸によって過度のストレスを受け、
一時的に精神のバランスを欠き、
ベナベンテを殺害した時点では正常な精神状態になかった。」

との判断を下した。

弁護士は今後60週間の精神療法を受けることと引き換えに
裁判官の好意によりただちに釈放された。

姪の凄惨な暴行の復讐を果たした弁護士。

この事件の注目したい所は
法の番人である弁護士が復讐という名の殺人を犯した事です。

法に詳しい故に限界を悟っていたのかもしれません。

スペインでは死刑が廃止されているので犯人が死刑になることは決してない
(スペインで死刑が完全に廃止されたのは1995年だが、
実質、1978年から廃止された状態にあった)。

仮に終身刑となったとしても刑務所内とはいえ
平穏に死を迎える事が出来ます。

これが仮に日本で同様の事件が起きた場合
この弁護士はただの殺人罪で裁かれ
無期懲役、死刑も十分にありえる。

このような事件が起こると「復讐の容認」等と言って批判的な意見もありますが、
こう言った復讐はあって然るべきだと思ってしまいます。

関連記事

⇒ 脱北者が語った北朝鮮の拷問!知られざる北朝鮮収容所の実態がエグすぎる…