業務用スーパーで買ってはいけない商品…安さに騙されちゃダメだった…

業務用スーパーで買ってはいけない商品
安さに騙されちゃダメだった…


業務用スーパーで買ってはいけない商品

好きな食べ物を大量に購入することが出来るため
普段から利用している人も多い業務用スーパー。

通常のスーパーで売られている商品を大量に買うとなると
どうしても金銭面の負担が多くなってしまいますが、
業務用スーパーであれば安くて大量に買うことができるため、
特に族の人数が多い人にとってはありがたいのではないでしょうか。

そんな美味しい食材がたくさん売られている業務スーパーですが、
中には製造過程が心配になってしまったり、
不味すぎるなどの理由で買ってはイケない商品もあるというのです。

唐揚げ(鶏肉の産地が明記していないもの)

スーパーで売られている唐揚げの鶏肉には中国産が多く
飼育段階で成長ホルモン剤を過剰に投与される上、死してしまった鶏も輸入され、
唐揚げなどに加工されてた例もあるようです。

冷凍の小麦粉食品(パンケーキなど)

日本の小麦粉はほとんどが輸入ものなのは有名な話ですが、
遺伝子組み換え小麦の混入に関して、
何の措置も検査体制も取られていないのが現状です。

遺伝子組み換え小麦はDNAを傷つけアレルギーを引き起こすという説もあります。
小麦粉なんて日常的に使用される食品なのでなおさら怖いですね。

サーモン(チリ産)

養殖と天然を簡単に判別する方法としては
「アトランティックサーモン(大西洋サケ)」として売られているものは
全て養殖と考えてよいとのこと。

養殖サーモンでは天然サーモンよりω-3脂肪酸の量が多いものの、
汚染物質の量は10倍程度とその便益を相殺する以上に高く、
研究者たちは

「消費者はスコットランドやノルウェー、カナダ東岸産の
養殖サーモンを食べる機会は年3回(3食)以下に抑えるべき」

と語っている。

今の日本では危険な食品を自分の知らないうちに食べてしまい、
危険か危険じゃない食品かを選ぶことができないのです。

安い食べ物にデメリットがあるのは仕方ないことですが、
日本ではそのデメリットに関する情報公開が少なすぎます。
諸外国に比べ日本はかなり遅れているようです。

ネットでの反応

・冷凍のチーズケーキクソ美味いよな

・20個入りのたこ焼きはタコが小さすぎるからやめとけ

・一時期よく利用してたけどガチでロクなもんねえわ

・お金無いときはめんつゆと1kgの天かすと15円のうどんで凌ぐ

関連記事

⇒ 100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった!昔の日本人は尋常じゃなかった…