闇スロットの恐怖。1枚200円のジャグラーに挑んだ女の末路…

通称、闇スロと呼ばれる非合法的なスロットがあります。

そんな闇スロのジャグラーに挑んだ女性の末路
想像を絶するほどヤバすぎると話題になっています。


非合法スロットの実態

闇スロとは一般的に目にするパチンコ屋さんの中にあるパチスロ機を
風営法の許可を取らずに運営された場所のことを言います。

一見さんが入場することはできず、
雑居ビルの中といえども重厚な扉の前で監視カメラのチェックを受けます。
体外は事前に何名で行くかを闇スロの店に連絡してからが一般的です。

歌舞伎町だとか渋谷、池袋、新橋、横浜など、
大阪ではミナミ、キタなどの繁華街で閉店と開店を繰り返しているようです。

違法カジノの一種でもある闇スロではいまだに風営法で規制されて
ホールから姿を返した爆裂4号機や
北斗の拳、ミリオンゴッド、大花火、吉宗などの4号機が設置されているようです。

換金率は通常のパチスロであれば、コイン1枚は20円を超えることはありませんが、
闇スロでは1枚10円から100円前後までと幅広く揃えています。
たったの1000枚でも10万円の可能性がここにあります。

200円だと吉宗1BIGでなんと14万円にもなります。
換金方法も直接現金で換金されたりします。

コインサンドに1000円を入れて50枚が出てくる通常のシステムとは違い、
闇スロの参加者が直接コインを触ることはありません。

スロット機の横にあるサンドにお金をいれると、
カウンターにコイン残数が表示されます(コイン1枚100円なら1000円で10枚)
お金は一旦いれると途中で台を変えることはできません。

1万円札を入れればその台でしか1万円は使えません。

闇スロに手を出した女の末路

おそらくやったことがある人はほとんどいないと思います。
そんな闇スロに手を出した女性の末路が
想像を絶するほどヤバすぎると話題になっています。

今回紹介するのは闇スロ(1枚200円)という
非合法スロットのジャグラーに挑戦した女性です。

自身ツイッターに闇スロに挑戦したときのことをツイートしているのですが、
ホントに大変なことになっていました。
そこには普通のスロットではありえないことが起きていました。

※現在ツイートは削除されています。
この女性・・・完全に金銭感覚が狂ってますね。

ネットでの反応

・闇スロ摘発はドンドン進めてほしい

・初代アラジンでこいつの知識が垣間見えるな

・やりたかったら、歌舞伎町をプラプラ歩いてたら黒人が
「スロ スロどう?」って言ってくるからついていったら出来るで

・初めて歌舞伎町行った時にスロットどうですか?って聞かれてビビったわ
もっと隠してるのかと思ってたわ

・初代アラジンでこいつの知識が垣間見えるな

・裏物もあるらしい。40スロの健全レートでしか打ったことないから詳しくは知らんけど

・正規ロムな訳ないよなぁ・・・
普通のパチンコ屋みたく警察とか設置業者の目も入らないからな

闇スロはあくまでも無許可での違法な営業です。
摘発時に打っていれば、たとえお客であろうと罰せられます。
店を発見しても打ちにいくことは絶対に止めておくべきですね。

関連記事

⇒ 交通事故で二つに切断された息子…母が元に戻そうとする姿が辛すぎる