人間が死ぬ瞬間のMRI映像…驚愕の瞬間はまるで・・・

人間が死ぬ瞬間のMRI映像
驚愕の瞬間はまるで・・・


人間が死ぬ瞬間のMRI映像

人は死ぬ瞬間、何を見るのでしょうか?

中学生の時の先生が車にひかれるたった数秒の間に
走馬灯のようにそれまでの人生を見たと言っていました。

ビルから飛び降りた時も同様のケースが報告されています。
死を覚悟した瞬間に不思議な現象が起きるようですね。

脳死というケースもありますが、
ほとんどの人は死ぬ瞬間まで脳は活動しているようです。

その動画がMRI映像によって判明しました。

■こちらがそのMRI動画

一瞬だけパッと閃って消えていく感じがよくわかります。
白い光が見えると言われていますが、これがその瞬間なのかもしれません。

この瞬間にこの人はどのようなものを見たのでしょうか?
実際にお花畑を見たという人もいたり、死後の瞬間は不思議だらけのようです。

魂の重さは21g

今から100年以上前にアメリカで
人間は死ぬと21g体重が減少する」と唱えたある博士がいました。
マサチューセッツ州の医師だったダンカン・マクドゥーガル博士です。

ダンカン・マクドゥーガル博士は人が死の直前と仕事の体重変化を
ベッドに取り付けた精密な秤によって計測しました。

16人の実験を行い、結果21グラムの体重減少が生じることが判明したのです。
勿論、死後失われる体液やガスも考慮しての結果数値です。

そして、ダンカン・マクドゥーガル博士は
魂の重さは21gと結論づけました。

犬でも実験したらしいですが、
犬の場合は21gの減少は見られなかったようです。

ただ、この21g説を疑問視する声は多く、
学問の世界では支持派は少ないようです。

しかし、ダンカン・マクドゥーガル博士によると
他にも「死の瞬間の人間の頭部には星間エーテルにも似た光が取り巻いている」と言います。

星間エーテルとは中世の物理学の概念で天界を構成する物質のことですが、
現代の科学では否定されています。

この実験には懐疑的な見方も多いのですが、
昔から人間が死ぬ瞬間に何が起きているのかに対する興味は尽きないようです。

MRI画像を見ると、
博士の説もあながち嘘じゃないかもと思えますね。

ネットでの反応

・当たり前だけど、最後は真っ黒になんだな

・電池切れって感じやね

・この瞬間に走馬灯が見えているのだろうか

・海外ドラマで使われたっていう噂もあり

・21g軽くなる瞬間か

関連記事

⇒ 中国の死刑の実態…人生最後の瞬間を刑務所で迎えた美しすぎる囚人達…